楽天の石井監督 (C)Kyodo News

○ ロッテ 9 - 2 楽天 ●

<21回戦・ZOZOマリン>

 楽天は投打とも振るわず逆転負け。首位を快走するロッテ戦は9連敗となり、ゲーム差は5に広がった。

 楽天は初回に1点を先制するも、先発の石橋が3回に3失点。ロッテの中軸に2被弾含む3連続長打を許し1-3と逆転された。4回からは2番手・西口が3安打3四球と崩れ2イニングで3失点。7回以降も福井と津留崎が失点を重ね、8回までに9点を失った。

 無四死球だったロッテ投手陣とは対照的に、楽天投手陣は計9四死球を献上。3回5安打3失点の先発・石橋は今季初黒星を喫した。

 打線は6番・岡島が4打数4安打をマークするなど10安打を記録するも得点は2。こちらも効率良く加点したロッテ打線とは対照的に、長打力不足が際立った。