ソフトバンク・和田毅

○ 日本ハム 3 - 0 ソフトバンク ●

<20回戦 札幌ドーム>

 4位ソフトバンクが完封負けを喫し2連敗。上位浮上を目指すなか札幌遠征で白星を掴むことができず、再び借金生活に突入した。

 先発の和田毅は2回先頭の4番・野村佑希に左中間突破の二塁打を許し、一死後の6番・今川優馬にプロ初安打・初ホームランとなる特大2ランを被弾。3回にも3番・髙濱祐仁に左中間スタンドへ8号ソロを放り込まれた。

 4回は10球で三者凡退、5回は三者連続三振と立て直したが、味方打線が散発3安打で無得点と抑え込まれ、5回2被弾含む4安打3失点の内容で今季6敗目(5勝)を喫した。

 和田は降板後に「今川君への投球、ホームランが全てだったかなと思います。しっかりとスイングされてしまった」と、真ん中低めのストレートを左翼席上段まで運ばれた先制被弾を反省。「修正できたのは中盤になってからだったので、今日の4回5回のような投球が初回からできないといけないと思います」と自身の投球を振り返った。

 チームは前日の同カードで2回までに16失点の大敗を喫し、この日は打線が2年目右腕・立野和明に7回途中まで2安打無得点に抑え込まれ零封負け。今季は日本シリーズ5連覇を目指しているものの、上昇気流を掴みきれない苦しい戦いが続いている。

【動画】フルスイング炸裂!ドラ6今川“確信”のプロ初ホームラン

\ ㊗️新主砲見つけました‼️ /#今川優馬 選手の初安打はまさかまさかの先制ホームラン☄️

📺#GAORA プロ野球中継

🆚@HAWKS_officialhttps://t.co/a72z5QUxJz で生放送中⚡️#lovefighters #イチカラ #01Karat pic.twitter.com/CJyR3k0mtF— ファイターズ on GAORA SPORTS (@gaora_fighters) September 12, 2021