左足ミドルでゴールを決め歓喜する堂安 [写真]=Getty Images

 エールディヴィジ第4節が11日に行われ、DF菅原由勢が所属するAZとMF堂安律が所属するPSVが対戦した。両選手はベンチスタートとなり、堂安は55分から、菅原は72分から途中出場している。

 試合は開幕から3連勝と好調のPSVが前半に先制すると、1点リードの状態で堂安がピッチに立つ。69分にはPSVが追加点を奪い、直後にAZは菅原を投入すると、迎えた83分、右サイドでの連携から堂安が持ち運びカットインで相手をかわす。そしてエリア外のゴール斜め45度から左足を振り抜くと、美しい弧を描いたボールはファーサイドのゴールネットへと吸い込まれ、これがPSV復帰後初ゴールとなった。

 試合はこのまま終了。堂安のビューティフルゴールもあり、PSVはリーグ唯一の4連勝を達成し1位につけている。

 次節、AZは19日にアウェイでヘラクレスと、PSVは19日にホームでフェイエノールトと対戦する。