DeNAに快勝したヤクルト (C) Kyodo News

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた真中満氏が、ヤクルトが優勝するためには阪神、巨人、ヤクルトの3球団でリーグ優勝争いをすべきだと語った。

 現在首位・阪神から3位・巨人まで4ゲーム差。ヤクルトは首位・阪神と3ゲーム差の2位につけている。真中氏は「(ヤクルトの)状態は今、阪神と巨人に比べて良いと思います」と評価しながらも、「ジャイアンツの元気がないですけど、ヤクルトが勝つためにはジャイアンツに頑張ってもらわないといけないですよ」と話す。

 その理由について「あまりゲーム差をジャイアンツと離されずに、スワローズは戦いたいと思うんですよね。うまいぐらいの距離感でということですよね。2強でいくよりは、ジャイアンツに頑張っていてもらてってという方が戦いやすいと思うんですけどね」と説明していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)