「いい人材が採用できない…」
「採用担当者がいなくて、上手く採用活動を進められない…」
このような課題をお持ちではないでしょうか?

少子高齢化の影響、就職活動の多様化により、いかに人材を獲得していくかは多くの企業が課題として持っているのではないでしょうか。しかし、採用ノウハウがない、採用担当者がいないなど、思うように採用活動を進められていない企業も。

自社の採用活動に課題を持っているなら、採用コンサルティングの利用を検討してみてください。この記事は、おすすめの採用コンサルティングサービスを比較して紹介。採用コンサルティングのメリットや選び方も、あわせて解説します。本記事を最後までご覧いただければ、自社に合った採用コンサルティング会社を選べるようになるでしょう。

採用コンサルティングとは

採用コンサルティングとは、企業の採用活動そのものを支援するサービスのことです。採用コンサルティング会社がこれまでの経験や知見に基づいて、企業の採用課題を解決するための提案をおこないます。たとえば、採用活動をしたことがない企業にノウハウの提供、求める人材を採用できない企業に採用戦略の提案といった具合に。

少子高齢化による労働人口の減少、SNSの普及による就職活動の多様化など、昨今の採用活動は難易度が高まっています。人材の確保が難しくなっている現状で、企業の経営戦略をもとに採用活動を支援してくれるのが採用コンサルティングです。

採用コンサルティングと採用代行の違い

採用コンサルティングと関連してよく聞く言葉に、採用代行があります。似た言葉ではありますが、両者には以下のような違いがあります。

  • 採用コンサルティング:採用活動の方針提案やノウハウの提供といった戦略面での支援
  • 採用代行:実際の面接や募集文の作成など実務面を支援

採用コンサルティングは、採用活動における戦略決定といった広い視点で採用を支援します。一方で採用代行は、採用応募分の作成や面接など実務面でのサポートが中心です。そのため、サービスによっては採用代行が、採用コンサルティングに内包されることもあります。

まとめると、採用コンサルティングは「採用活動全般の支援」、採用代行は「面接など実務面の支援」と認識してもらえれば問題ありません。

採用コンサルティングの主なサービス

採用コンサルティングの概要がわかったところで、具体的なサービス内容を見ていきましょう。採用コンサルティングの主なサービスを以下の表にまとめました。ご覧ください。

サービス名 サービス概要
採用戦略の立案・策定 企業の経営方針を加味しながら、どのような人材を獲得するかなど、採用活動の目標や戦略策定の提案
採用計画の立案・策定 採用人数や選考基準、活用する採用メディアの選定など、採用活動における具体的な計画の提案
採用担当者および面接官の教育・研修 企業の採用担当者および面接官に、採用コンサルティングが持つ採用や面接のノウハウを教育・研修
母集団の形成・確保 説明会やSNSなど各種媒体およびコンテンツを活用して、潜在的な応募者の集団を形成・確保
内定者のフォロー支援 内定者が辞退しないよう、内定者懇親会やインターンシップの導入など内定者フォローのための施策を提案

採用コンサルティングは、採用活動における戦略立案から内定者のフォローまで幅広く対応しています。企業の経営方針を理解した上で各種戦略や計画を立案し、面接や広告媒体の選定なども一緒に考えます。企業に寄り添って、採用戦略を考えてくれるパートナーと言えるでしょう。

採用コンサルティングのメリット3つ

採用コンサルティングの主なサービス内容は把握できました。次に具体的なメリットについて、3つに分けて解説します。

  1. 最新の採用市場の動向を得られる
  2. 効果的な採用活動を実施できる
  3. 採用担当者の負担を軽減できる

1つずつ見ていきましょう。

1 最新の採用市場の動向を得られる

1つ目のメリットは、最新の採用市場の動向を得られることです。採用活動のプロである採用コンサルティング会社は、採用市場の動向や最新の情報に精通しています。

学生の就職活動の動き、競合他社の採用活動の分析、採用手法のトレンドなど、採用に関するさまざまな情報に知見があります。採用活動において、最新の情報をキャッチできるかは大きなポイントです。各社、優秀な人材を確保しようと、学生や求職者の動向、就職活動の方法にアンテナを張っているからです。

そのような状況下で情報に鈍感であると、あっという間に優秀な人材が他社に流れてしまうでしょう。ですので、自社で求める人材をいち早く獲得するためには、最新の情報を把握することが非常に重要なわけです。

採用コンサルティング会社を利用すれば、そうした採用市場における最新情報を提供してもらえます。

2 効果的な採用活動を実施できる

2つ目のメリットは、効果的な採用活動をできることです。言わずもがな採用コンサルティング会社は、採用活動のプロです。これまでの経験・実績に基づいて、プロの採用ノウハウやアドバイスを提供してもらえます。

たとえば、理想の人材を獲得するために、どのように採用戦略を考えたらいいのか提案をもらえます。他には、面接における選定基準の設け方なども相談できるでしょう。

このように、採用活動の各段階において的確なアドバイスをもらえるため、効果的な採用活動を実施できます。

3 採用担当者の負担を軽減できる

3つ目のメリットは、採用担当者の負担を軽減できることです。これまでに説明した通り採用コンサルティングでは、採用戦略の立案から計画の作成、面接など実務面のサポートも受けられます。

仮に、これらの業務を自社の採用担当者だけでおこなうとなれば、いかがでしょうか?採用担当者に、非常に大きな負担がかかることは明らかです。自社に専任の採用担当がいない会社であれば、その負担はなおさら重くなるでしょう。

採用コンサルティングを活用すれば、戦略立案の提案はもちろん、募集文の作成や面接に至るまで細かくサポートを受けられます。採用活動にともなう負担を軽減できるでしょう。

以上が採用コンサルティングを利用する3つのメリットでした。次はおすすめの採用コンサルティング会社をご紹介します。

採用コンサルティングの比較2選

ここからは、実際にサービス展開している採用コンサルティング会社を2選ご紹介します。各社の特徴もあわせて解説するので、採用コンサルティング会社選びの参考にしてください。

7つのサービスカテゴリで多角的に採用支援「人材・採用支援サービス」
株式会社ネオキャリア

POINT
  • 対象従業員規模:別途お問い合わせ
  • 対応している採用領域:新卒 / 中途 / アルバイト・パート / 人材派遣
  • 参考価格:別途お問い合わせ

「ネオキャリア」は、採用支援領域の幅広さが特徴です。新卒・中途・アルバイトおよびパート・人材紹介・人材派遣・アウトソーシング・テーマ別採用という、 7つのサービスカテゴリで採用支援に対応しています。

具体的な支援内容は、母集団の形成に求人広告への掲載、採用代行から採用ツール作成など多岐にわたります。さらには 海外現地の採用も支援。さまざまなニーズに応えつつ、総合的に採用をサポートしてくれます。


障害者から高校生まで幅広い採用支援領域「人材ソリューション事業」
株式会社リソースクリエイション

POINT
  • 対象従業員規模:別途お問い合わせ
  • 対応している採用領域:新卒 / 中途 / アルバイト・パート / 人材派遣 / 障害者 / 高校生
  • 参考価格:別途お問い合わせ

「リソースクリエイション」は、主要大手から専門媒体まで幅広い求人媒体 を扱っています。そのため、新卒や中途などターゲットに応じた、最適な求人媒体の提案が可能です。

また、一般的な新卒・中途の求人だけでなく、障害者や高校生などの採用も支援 しています。障害者採用にあたっての戦略立案、高校生採用におけるアプローチ方法など、採用実現まで担当者がしっかり寄り添ってくれます。

採用コンサルティング会社の選び方3つ

利用したい採用コンサルティング会社は、見つかりましたでしょうか。もしコンサルティング会社選びに迷っているなら、以下3つのポイントを参考にしてみてください。

  1. 得意なサービス領域
  2. 自社と同業種での実績
  3. 実績の再現性

順番に説明していきます。

1 得意なサービス領域

得意なサービス領域を確認しましょう。採用コンサルティングと一口に言っても、得意分野は異なるからです。たとえば、採用戦略の立案に強みを持つところがあれば、応募数を集めるのが得意な会社もあります。

また、内定者へのフォローの有無も、各社のサービスによって異なります。このように、採用コンサルティング会社によって、得意なことや対応できることは違うわけです。自社の採用における課題はどこにあるかを把握した上で、その課題を解決できるサービスを選びましょう。

2 自社と同業種での実績

得意なサービス領域の次は、自社と同業種での実績があるかをチェックしてください。採用コンサルティング会社は、採用市場に精通しているとはいえ、業種・業界によって採用市場の特色は異なります。そのため、採用コンサルティング会社を選ぶときは、自社と同業種でのコンサルティング実績を持っているかがポイントです。

自社と同業種での実績を持っていれば、業界の採用情報やトレンドなど業界の特色を把握した上で、採用を支援してくれます。より効果的な採用活動をおこなうためにも、自社業界の実績を持っているかを確認してみてください。

3 実績の再現性

自社業界での実績を確かめたら、その実績についてできる限り具体的な内容も確認しましょう。そのときに注意したいのは、その実績に再現性があるか否かです。再現性のない実績例としては、元々が人気の企業で、採用戦略を考えなくとも人が集まってくるといったようなことがあげられます。

こうした再現性のない実績の場合、依頼したとしても採用活動に効果がないかもしれません。なぜなら、採用コンサルティングのサポートではなく、単にその企業の力によるものだからです。

そのため、実績を確認するときは再現性に注意してください。採用コンサルティング会社の提案や戦略によって、上手くいった実績なのかをチェックしましょう。

まとめ

ここまで、採用コンサルティングについて解説してきました。採用コンサルティングを利用することには、以下3つのメリットがあります。

  1. 最新の採用市場の動向を得られる
  2. 効果的な採用活動を実施できる
  3. 採用担当者の負担を軽減できる

自社にとって必要な人材を獲得するためは、採用コンサルティング会社の利用がおすすめです。紹介したコンサルティング会社2選や3つの選び方を参考に、自社に適した会社を見つけてください。

採用コンサルティングについて、さらに詳しく知りたい方は、下記より資料請求されてみてはいかがでしょうか。