年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、国民年金を25年支払ったときに将来受け取れる年金額についてです。

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、国民年金を25年支払ったときに将来受け取れる年金額についてです。

◆Q:年金を25年間支払った。将来受け取れる年金はいくら?

◆A:65歳から年間48万8063円の老齢基礎年金を受け取ることができます

老齢基礎年金は、保険料納付済期間と保険料免除期間などを合算した受給資格期間が10年以上ある場合に、65歳から受け取ることができます。20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めると、65歳から、満額の老齢基礎年金を受給できます。

令和3年4月分からの満額の年金額は78万900円です。

老齢基礎年金の受給額は、保険料納付期間、免除期間に応じて変わります。受給額は、次のように計算されます。

78万900円×{保険料納付済月数+(全額免除月数×8分の4)+(4分の1納付月数×8分の5)+(半額納付月数×8分の6)+(4分の3納付月数×8分の7)}÷40年(加入可能年数)×12カ月

未納期間や免除期間があると、満額の年金額を受け取ることができないので注意してください。

では、国民年金保険料を25年間支払ったときの年金額を計算してみましょう。

78万900円×(25年×12カ月)÷(40年×12カ月)=48万8062.5円

つまり48万8063円を年金として受け取れます。

年金は、年6回に分けて支払われます。支払月は、2月、4月、6月、8月、10月、12月です。それぞれの支払月には、その前月までの2カ月分の年金が支払われます。

例えば、4月に支払われる年金は、2月、3月の2カ月分です。国民年金保険料を25年間支払った場合は、年金の支払月、年6回のうち、最初に受け取り始める月の1回目に端数が支払われますので、1回目に8万1348円、2回目、3回目、4回目、5回目、6回目に8万1343円支払われることとなります。合計すると1年間48万8063円受け取ることができます。

監修・文:深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

文=All About 編集部