ヘアカラーシャンプーおすすめ17選|色落ちを抑えて色をキープ! 選び方・使い方も解説

【この記事のエキスパート】

美容ライター:増村 ゆかり

美容ライター:増村 ゆかり

コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級資格保有の美容ライター。
「美容は心のケアになる」をモットーに、複数のWEBメディアで美容・健康情報を執筆中。コンプレックスを解消し、チャームポイントをアピールできるコスメ情報を発信します!


ヘアカラーシャンプーを使うと、カラー後の色落ちを抑えカラーの変化を楽しめます。この記事ではAmazonや楽天市場などで購入できる、おすすめのカラーシャンプーを紹介。おしゃれなアッシュ系、マットカラー、赤・ピンク系は色落ちしやすいので、カラーシャンプーを取り入れて! 

カラーリングの色落ちを抑える「カラーシャンプー」
市販のヘアカラーシャンプーの特徴

カラタスシャンプー ヒートケア パープル 250ML 250ミリリットル (x 1):¥1,324 (¥5 / ミリリットル) ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

ヘアカラーシャンプーとは、ピンク、紫などの色がついたシャンプーのこと。シャンプーをした後、流す前に数分置くことで、色素が穏やかに髪を染め、カラーした毛髪の「色落ち」や、黄ばみや赤みなど「色の変化」を抑えてくれるヘアカラー専用シャンプーです。

◆色落ちを長持ちさせたい方、色落ちの過程をきれいにしたい方
◆ブリーチなどで赤み、黄ばみが出やすい方

上記のような方は、カラーシャンプーを取り入れるのがおすすめです。

また、名前が似ている「カラーケアシャンプー」に分類されるシャンプーもあります。カラーケアシャンプーは、カラーリングした髪をケアするシャンプーのことで、色がついていないことが多いです。

自分に合ったカラーシャンプーをチェック!
ヘアカラーシャンプーの選び方

植物エキス配合 ルコ カラーシャンプー ムラサキ purple 300ml オーガニック ムラシャン 紫シャンプー:¥1,650 (¥6 / ml) ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

ヘアカラーシャンプーは、自分のカラーリングにあった「色」と、求める「成分」の2つをチェックして選びましょう。積極的に色素を入れて色落ちのスピードを抑えたいのか、穏やかに染めてきれいな色落ちを目指すのか、カラーシャンプーを使う目的をハッキリさせておくと、迷わず自身に合ったものを選べるでしょう。

ポイント1.
ヘアカラーや目的によってカラーを選ぶ

ナプラ N. エヌドット カラーシャンプー Pi ピンク 320ml:¥2,430 (¥8 / ml) ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

まず、チェックしたいのはカラーシャンプーの色です。カラーシャンプーの色は、大きく「ピンク系」「紫系」「シルバー系」「ブラウン・ブラック系」に分けることができます。カラーや求める仕上がりに合わせてカラーを選びましょう。

ピンク系

ピンク、赤、オレンジなど暖色系カラーの方用。黄ばみを抑え、暖色系カラーをキープします。

紫系

ブリーチをしている髪、アッシュ系カラーの方用。紫が黄色を打ち消すことで、ブリーチによる黄ばみを抑えてくれます。

シルバー系

アッシュ系カラーの方、黄ばみ・赤みを抑えたい方用。シルバーが赤みを打ち消し、クールな印象のカラーをキープします。

ブラウン・ブラック系

ブラウン系、ブラック系など暗い色をキープしたい方用。色落ちして黄ばむのを抑える。白髪の方は白髪用を使ってください。

ポイント2.
発色の良さは好みに合わせて選ぼう

Kyogoku ピンクパープル カラーシャンプー ピンクシャンプー シャンプー カラー用シャンプー ムラシャン:¥2,970 ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

「しっかり色を入れたい」または「ほんのり発色で綺麗な色落ちを目指したい」など、上級者はカラーシャンプーを取り入れる目的によって「発色の良さ」をチェックしてみましょう。

パッケージが透明のものは色を確認できますが、どう発色するかは髪の状態やカラーの具合などによるため、使ってみないとわかりません。レビューなどを参考にしながら選んでみましょう。

ポイント3.
色落ちを抑えてくれる成分配合を選ぶ

カラタスシャンプー ヒートケア パープル 250ML 250ミリリットル (x 1) :¥1,324 (¥5 / ミリリットル) ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

色落ちを抑えてくれる代表的な成分といえば、ヘマチン。カラーだけでなくパーマの持ちが良くなったり、毛髪に存在する「ケラチン」という成分と結合し傷んだ髪を補修してくれます。

ヘマチンのほかにも、色落ち防止としてクエン酸やリンゴ酸が配合されていることも。購入する前に、シャンプーの成分表をチェックしてみてください!

ポイント4.
洗浄力がやさしいシャンプーがおすすめ

ロイド カラーシャンプー シルバー300ml:¥1,540 (¥5 / ミリリットル) ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

色落ちを防ぎたいなら、洗浄力がやさしいシャンプーがおすすめ。というのも、洗浄力が高いシャンプーは髪の乾燥の原因になってしまうからです。

髪が乾燥すると、カラーが外に流れやすくなり色落ちが早くなる傾向があります。洗浄力の高さは、洗浄成分を見て確かめましょう。

比較的、洗浄力がやさしい成分

・アミノ酸系…代表的な低刺激洗浄成分。頭皮が乾燥しやすい方におすすめ。(ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、ココイルグリシンKなど)

・タウリン系…アミノ酸系より洗浄力がやや高めだが、低刺激なのが特徴。(ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNaなど)

・ベタイン系…ベビーシャンプーにも使われる。他の洗浄成分と配合されることが多く、洗浄力を穏やかにする作用有。(コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタインなど)

比較的、洗浄力が高い成分

・高級アルコール系…ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸Naなど
・石けん系…石ケン素地、カリ石ケン素地など

※高級アルコール系成分がすべて刺激が強いというわけではありません。あくまで目安として参考にしてみてください。

ポイント5.
キューティクルコーティング成分配合がおすすめ

ホーユー カラーシャンプー ピンク 150ml:¥1,550 (¥10 / ミリリットル) ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

髪のキューティクルとは、毛髪の一番外側にあり、うろこのような構造で髪の内部を守っているもの。このキューティクルが乾燥や紫外線などによって傷んだり、剥がれたりすると、カラーをキープできず色落ちが早くなる傾向があります。

そのため、プラスα成分としてキューティクルを整える、またはコーティングしてくれる成分が配合されているシャンプーがおすすめ。おすすめ成分は下記の通りです。

・PPT
・加水分解シルク
・加水分解コラーゲン
・シリコーン
・シア脂、ツバキオイルなどのオイル系成分

ポイント6.
敏感肌・乾燥肌の方は頭皮にやさしいものを選ぶ

ミルボン オルディーブ アディクシー カラーケア シャンプー シルバー 180ml【ORDEVE Addicthy】:¥1,930 (¥11 / ml) ( 2021年8月12日時点 )

出典:Amazon

敏感肌・乾燥肌などもともと肌が弱い方は、シャンプーを選ぶとき下記の3つを考慮するといいでしょう。

・洗浄力弱いアミノ酸系洗浄成分ベースのシャンプーがおすすめ
・髪をコーティングしてくれるシリコーンは、避けるのがベター(頭皮に塗らないトリートメント等はOK)
・かゆみ、フケなどトラブルがある方は、抗炎症成分配合がおすすめ(主な抗炎症成分:グリチルリチン酸2K)

カラーシャンプーには、敏感肌の方は避けがちな色素がどうしても入ってしまいます。気になる方は、目立たない肌でパッチテストをしてから頭皮に使いましょう。

また、カラー直後の10日から2週間ほどはカラーシャンプーを使い、その後は週に2〜3回に頻度を減らしながら低刺激シャンプーに切り替えるなど、頭皮の状態をみながら使ってみてくださいね。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)