初代スカイラインの2型が丸テールとなった理由|1960年式 & 1961年式 プリンス ニュースカイライン デラックス Vol.2

【1960年式 & 1961年式 プリンス ニュースカイライン デラックス Vol.2】

【1】から続く

 ALSIの初期モデルは丸形2灯ヘッドライトのフロントフェイスであり、小さなテールフィンを持つエクステリアデザインは、当時のアメリカ車の影響を感じさせる。それがさらに強調されたのがマイナー後の2型で、ヘッドライトは丸形4灯に変更。テールフィンはより深く長い造形となリ、小ぶりなアメリカ車然とした外観となる。そして後のスカイラインのデザインにも影響を与えた「丸いテールランプ」も採用されていたのだ。

 1.5LエンジンでスタートしたALSIは、61年5月のマイナーチェンジ時に1.9LのGB4型エンジン搭載車が登場。型式もBLSIへと変更され、3型を名乗るようになる。さらに62年10月のマイナーチェンジでは、フロントフェイスを大がかりに改良。幅広のグリルの中に丸形4灯ヘッドライトが収められるデザインとなり、表情が一変した。この時、型式表記が整理されてS21となった。

先進のメカニズムを盛り込んだALSI  初代スカイラインALSIの先代と位置づけられるのは、1952年2月に「たま電気自動車」が完成させたプリンス・セダンだ。その設計や機構を基礎にして、乗用車として当時の先進メカニズムを盛り込んで誕生させたのがALSIだった。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアは3枚リーフスプリングがド・ディオンアクスル(レースカーや高級車のメカ)を支える構造だった。スカイラインは初代モデルから、常に時代をリードするクルマだったのだ。

マイナーチェンジ後の2型の押し出しの強い丸形4灯のフロントフェイスなど【写真35枚】

【3】【4】に続く

1960年式 & 1961年式 プリンス ニュースカイライン デラックス(ALSID-2)

SPECIFICATON

全長 4380mm

全幅 1675mm

全高 1535mm

ホイールベース 2535mm

トレッド前/後 1348/1384mm

最低地上高 210mm

車両重量 1315kg

乗車定員 6名

最高速度 130km/h

登坂能力 sinθ35%

最小回転半径 5.4m

エンジン型式 GA4型

エンジン種類 水冷直列4気筒OHV

ボア×ストローク 75×84mm

総排気量 1484cc

圧縮比 8.3:1

最高出力 70ps/4800rpm

最大トルク 11.5kg-m/3600rpm

変速機 選択摺動及びシンクロメッシュ式前進4段・後退1段

変速比1速 4.18/2速2.87/3速1.59/4速1.00/後退5.50

最終減速比 4.625

燃料タンク容量 40L

ステアリング形式 ウォーム&ローラー式

サスペンション 前/後独立懸架コイルスプリング/半楕円形リーフスプリング

ブレーキ 前後ともドラム

タイヤ 前後とも 7.00-14-4P

発売当時価格 108万円