メッシ、バルサとの契約延長は目前か [写真]=Getty Images

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとバルセロナの契約延長は、早ければ現地時間5日にも確定するようだ。同日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 現在34歳のメッシは2021年6月30日をもってバルセロナとの契約が満了を迎え、現在も無所属の状態が続いている。7月中旬には大幅に減俸した5年間の新契約で合意したとも報じられたが、サラリーキャップの問題があるなかバルセロナは余剰戦力の売却が思うように進まず、いまだに契約締結は行われていなかった。

 そんななか、ラ・リーガは4日、投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズからの大型資金調達を発表。各クラブにも巨額の分配金が行き渡ったことで、バルセロナはメッシとの契約延長の見通しが立ったとされている。

 そして、現地時間5日がメッシの契約更新が確定する“Dデイ”になると『ムンド・デポルティーボ』紙は伝えている。父親であり代理人であるホルヘ・メッシ氏とクラブの代表者は、同日に会合を予定。メッシ本人が契約書にサインを交わす前に最終的なポイントを確認する会合となり、ここで5年の契約延長が決定することになりそうだ。

 また、スペイン紙『マルカ』などによると、メッシ本人も現地時間4日にバルセロナ入りした模様。今週中にも契約延長の公式発表がなされる見込みだ。