松田ゆう姫 松田家の“おもてなし”事情を語る「100人以上呼んで、料理は母と一緒に全部作って…」
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。7月19日(月)のお客様は、松田ゆう姫さんと大橋未歩さん。「5時に夢中!」にレギュラー出演中のお2人の、コロナ禍での生活は?

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)松田ゆう姫さん、大橋未歩さん

◆最近の楽しみは、セミの鳴き声で起きること?

大橋:姫はどういうタイミングで寝ているの?

松田:この時間くらい(25時台)には、大抵はベッドのなかですよ。

大橋:意外だよね。朝4時とか5時に家に帰ってくるイメージだった。

松田:コロナ前はそういうときもあった。イベントがあって朝までとか。ちょっと恋しいですけどね、あの頃の生活が。

大橋:そうだよね。じゃあ今寝て、何時くらいに起きているの?

松田:朝8時に起きて、1人でドライブ行ったり……車で朝食を食べに行ったりとか。

大橋:へえ! どういうところに? 海岸沿い?

松田:全然、全然。都内に食べに行ったり、コーヒーを買いに行ったりとかしていますよ。

大橋:私、最近ヤマト運輸の方に起こしていただいているかもしれない(笑)。この間、ゆうパックをヤマトさんに渡しちゃってさ……断られたんだけど。

松田:最低じゃん(笑)。

大橋:ヤマトさん……本当にお世話になっております。最近の楽しみは、セミの鳴き声で起きること! で、ちょっと前だと、たまにウグイスとかが家の近くで鳴いていて……。

松田:どこ住んでんの(笑)。大自然じゃん!

◆松田ゆう姫、毎年恒例クリスマスの思い出

松田:大橋さんの家って、行ってもいいの?

大橋:うちって本当に「場末のスナック」って言われてるんだよ(笑)。

松田:インスタでご飯を上げているじゃないですか。めっちゃおいしそうなご飯なんだけど、照明が暗すぎて……確かに“全部バーご飯”(笑)。

大橋:そうなの、照明が暗すぎてね。だから、家でメイクをすると一切仕上がらないんだよね(笑)。洗面所だけ(照明を)ちょっと明るくしてもらったんだけど、それでも暗いなと思って……ファンデーションを塗りすぎちゃう。

姫はさ、「人をもてなすのが好き」って言ってたじゃん。お料理とかも(ゲストを)驚かせるのが好きって言ってたじゃん。それがなんか素敵だなって思ってた。

松田:レシピ本がめっちゃたくさんあるんだけど、もうそれしか考えてないもん。「よろこぶかな」「このシチュエーションにこれ良さそうだな」とか。

大橋:シチュエーション別で考えるんだ。それは、例えばどういうこと?

松田:パーティーとか、人とか場所にもよるし。うちは母がすごくパーティ好きで、みんなを家に呼ぶのが好きでね。当時はクリスマス会があって、かなりの人を呼んでたね。100人以上呼んだりして、そのご飯をケータリングじゃなくて、母と一緒に全部作っていたの。

大橋:えー!

松田:だから、3、4日前くらいから仕込みを始めて、当日は足りないものをバーッて買ってきて、お酒とかも用意して。呼ばれている人はみんな手ぶらでくるわけよ。それで一晩中食べてるから、私たちはずっーとキッチンでひたすら作りまくってるみたいな。それが毎年恒例のクリスマスだったの。

大橋:姫のお母さんにまつわる好きなエピソードがあってさ、「(パーティーに)呼ぶ子と呼ばない子、クラスのなかにそれができたら呼ばれない子がかわいそうだから、全員呼びなさい」っていう考え方だったって言ってたじゃん。素敵だなって思った。それで100人になっていったのね(笑)。

松田:小学校の頃は確かに全員呼んでいたな。パーティーでは凝ったものを作ったり、ケーキを7ホールも作ったりとか。オーブンを何回転もさせて、冷ましている間にもう1個作って。

あとは、ゲームとかも手作りで、みんなで遊べるようにしたり。

大橋:そうなんだ……。ちょっとした寮母だね。姫、寮母感があるなって思ってた(笑)。歳下だけど、母性で包み込んでくれる感じがある。

松田:ハハハ(笑)!

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月4日(水)マシンガンズ・滝沢秀一さん×野口健さん

8月5日(木)夏木マリさん×小林幸子さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>

番組名:TOKYO SPEAKEASY

放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/