「OSAKA MEIKAN GROWTH DRIVE 2021 in Higashiosaka」 社会課題解決に繋がる全17社の提案を受け 公民連携の加速へ!東大阪市

(写真)東大阪市 野田 義和 市長の挨拶で、2日目の「OSAKA MEIKAN GROWTH DRIVE 2021 in Higashiosaka」がスタートする。(場所:東大阪市役所)

2021年8月4日(水曜日)、大阪府及び府内43市町村のオール大阪の公民連携プラットフォームであるOSAKA MEIKAN実行委員会主催(共催:大阪府、東大阪市)による「OSAKA MEIKAN GROWTH DRIVE 2021 in Higashiosaka」(以下、GROWTH DRIVE)2日目が開催された。

4日の2日目は、東大阪市役所をメイン会場とし東大阪市 野田 義和 市長の挨拶から始まり、全国の企業全17社(2日間計27社)から各社それぞれの技術、サービス等を活かした「公民連携」での社会課題解決に向けた提案が発表された。

東大阪市公民連携協働室の岩﨑室長は、「今回のGROWTH DRIVEでは、全27社の企業様より、幅広い分野において興味深いご提案を頂きました。これをきっかけとして、公民連携の取組みが広がり、東大阪市や府内の課題解決に繋がっていく事を期待しています。」と話した。

(写真)東大阪市 公民連携協働室 岩﨑 貴宏 室長

オンライン形式で各企業からの発表が始まると、東大阪市公民連携協働室(公民連携担当)と、大阪府公民戦略連携デスクの職員が提案内容を深堀りするなど、公民連携での取組みの実現に向けたディスカッションが行われた。
この発表とディスカッションの様子は大阪府及び府内43市町村へもライブ配信しており、OSAKA MEIKAN実行委員会では、今後、大阪府及び府内市町村へ各社の提案を繋ぎ、各地域での課題解決に向けた公民連携を加速させたい考えだ。

(写真)全17社の企業とそれぞれの技術・サービス等を活用した公民連携の取り組みについてオンライン形式でディスカッションを行う(場所:東大阪市役所)

本日登壇した17社による各発表テーマは以下の通り。

企業名 発表テーマ
株式会社ビューティフルスマイル 地域の「食品ロス問題」の解決に向けて 〜ロスゼロの活用や公民連携のご提案〜
キャサリンとナンシーの金融教育 金融教育を公教育に~金融リテラシーは社会問題を解決する~
株式会社CAN EAT 飲食店及び教育施設等でのアレルギー事故を無くすITサービス
トヨタファイナンス株式会社 トヨタファイナンスの地域活性化に向けた取組みについて
WHILL株式会社 パーソナルモビリティを活用した地域課題解決
株式会社ワンズネットワーク 愛着のもてるまちづくり ~MobiHoがにあってよかったと思ってもらえるために~
株式会社シェアウィズ 「試験のオンライン化」を実現する
日本学生esports協会 / Gameic eスポーツのご説明 / 自治体様とのeスポーツコラボ案のご紹介
株式会社DIIIG 収益化ができるモバイルスタンプラリーで新たなツーリズムの形を!
CiPPo株式会社 地域メディアのNEWノーマルに人材・消費・広告を地域内循環
株式会社セームページ 補助金を活用したい事業者様にむけた無料相談会、セミナーの実施
株式会社D&I テレワークでの障害者雇用事例と地域自治体連携の取り組みについて
キャトル株式会社 福利厚生サービス「エアプレ」を活用した地域PR
株式会社MEETSHOP 顧客満足度96%のオンライン型体質改善プログラムのご提案
株式会社インゲージ 多様化が望まれる問い合わせ窓口を一元管理するソリューション
株式会社テクリコ 大阪発!MRで人類の健康を支えるプロジェクト
株式会社Ecold 障害児通所支援事業を最適化するDXソリューションの発表


■各種リンク

GROWTH DRIVE in Higashiosaka 特設ホームページ
東大阪市ホームページ(東大阪市公民連携デスクについて)
大阪府ホームページ(公民戦略連携デスク)