風呂専用リフォームEC「KANSAIお風呂リフォーム.com」、オープンキャンペーン延長 TOTOユニットバスルが70%OFF

関西の風呂リフォームのensはこのほど、心地よい空間作りに特化した風呂専用のリフォームECサイト「KANSAIお風呂リフォーム.com」オープンに伴うTOTO戸建用ユニットバスルーム「サザナ」の70%OFFキャンペーンの対象を、2021年中の成約(2022年4月までに完成)に拡大した。7月のサイトオープンからの予想を超える反響に対応を図った。

【<画像6点>施工のイメージはこちら】

「KANSAIお風呂リフォーム.com」は、日本全国の優良工務店・パワービルダーとの共同仕入によるユニットバスの最大70%OFF、ユニットバスのメーカー保証の5年間への延長、詳細な浴室リフォームの施工事例の公開による工事の見える化の3つの特徴を備える風呂専用のリフォームECサイト。

住宅リフォーム市場は、1960年代の建築ラッシュ時に建てられた住宅がリフォーム時期を迎えた1990年代後半から一気に成長した市場。それから30年が過ぎ、「小さな小工事から大きな増改築まで何でもお任せ下さい」というフルラインナップのリフォーム会社から、「当社の強みはこの工事です」というスペシャリスト会社が台頭し、価値と顧客満足を高める情勢が始まっている。

こうした状況においてensは、元々仕入に強みがあった「浴室リフォーム」にクローズアップし、関西の風呂リフォーム専門店として生まれ変わる決意をし、関西では初となる風呂専用のリフォームEC「KANSAIお風呂リフォーム.com」を7月13日に開設。それに伴い、2021年中に完成する物件を対象に、TOTO戸建用ユニットバスルーム「サザナ」の70%OFFキャンペーンを実施していた。サイトオープンから多くの浴室リフォームの相談が寄せられ、すでに11月までの工事予約が埋まっていることから、このほどキャンペーンの対象を拡大。2021年中に成約し、2022年4月までに完成の物件も対象に含めた。

社名のensは「たくさんのご縁」をイメージしており、工事完了後に「今回は良いご縁でした」と言ってもらうことを大きなやりがいとしているという同社では、風呂リフォームを通してその家族だけの心地良さを発見し、愛着の生まれる浴室空間を届けるとし、末永く関西の消費者の期待に応える考えを示した。