アルテ サロンHD、サロン専売ブランドのオンラインストア開設 業界大手が初の試み 

美容室チェーンを300店舗以上展開するアルテ サロン ホールディングスは8月上旬、”大地に還る”をコンセプトにした人や地球環境にやさしいヘアケア&スキンケアブランド「ennic(エニック)」のオンラインストアをオープンする。サロンにおける店頭での商品販売をメインとしてきた同社にとって、初のオンラインストアとなる。サロン顧客以外とのタッチポイントを作り、ブランド認知の向上と成長を図る。

【<画像5点>サロン専売ブランドの主なラインアップはこちら】

アルテ サロン ホールディングスは、同社にとって初のオンラインストアとなる「ennic online store(エニック オンラインストア)」を8月上旬にオープンする。「ennic」は、”大地に還る”をコンセプトに、天然由来成分をできる限り配合した、人や地球環境にやさしいヘアケア&スキンケアブランド。昨年2月のにローンチ以降、一部ECモールでの取り扱いや百貨店でのポップアップストアで対面販売以外、ほとんどが美容室での店頭販売で、累計2万本以上販売している。

オンラインストアでは、「ennic」シリーズの全商品を取り扱い、「エニック シャンプー LB」(450mL、4400円/税込)、化粧水の「エニック トリートメントローション」(150mL、5280円/税込)などをラインアップしている。

多くの会社がオンライン販売を導入する時代だが、フランチャイズビジネスを展開する同社では、店舗毎や美容師個人への利益の還元に課題があったことから、オンライン販売は慎重に進める必要があったという。しかし、コロナ禍での店舗休業もあり、オンライン販売の必要性を実感したこと、ブランドを成長させていくためにはオンライン上でサロン顧客以外とのタッチポイントを作ることも重要であるとの判断から、オンラインストアの開設に至ったとしている。

サロン以外の場でも購入機会を増やし、ブランド認知を高めることで、長期的にはグループ全体のイメージ向上によりサロン誘客などの相乗効果も見込めるとの考えを示した。将来的には、利益関連の課題を解消するため、128店舗ある主力ブランド「Ash(アッシュ)」において、店舗毎のオンラインストア開設の検討を進めていくとしている。