ZOC 鎮目のどか「他と比べられない存在だった」グループへの想いとオーディション秘話

大森靖子を中心に結成され、若者を中心に圧倒的支持を集めるアイドルグループ・ZOC(ゾック)。そんなZOCの新メンバーオーディションで、応募総数3000通を超える中から唯一勝ち抜いたのが、15歳の逸材"鎮目のどか"だ。大森靖子が見出したその才能を紐解くべく、本人にインタビュー。「他と比べられないような存在だった」と語るZOCへの想いと、オーディション秘話を聞いた。

【写真】ZOC 新メンバーとして話題・鎮目のどかの撮り下ろしショット

──オーディションを受けたのはいつ頃だったんですか?

鎮目 今年の2月です。(大森)靖子ちゃんからの電話で合格したということを知ったのが3月の終わりで、そのことを世の中に公表したのが5月13日。4月の頭には東京に出てきたので、そこからレッスンを受けたり、レコーディングも進めていました。

──もともとアイドル志望だったんですか?

鎮目 う~ん、そういう感じでもないんです。特定のグループを応援するということもなかったし、かといって「女優になりたい」とか「芸人になりたい」みたいな気持ちもなくて。ただ、自分のやることを誰かに見てもらうのは好きでした。あの……保育園の頃は自分で歌を作るのが好きだったんですよ。

──作詞・作曲ということですか?

鎮目 そんな大それたものではないんですけど(笑)。本当に暇つぶしみたいな感じでノートに書いていて、それをパパに見せていました。歌詞はノートに書いたものになるんですけど、メロディは適当だから歌うたびに違っていた気がします。

鎮目 今思うと、かなり女の子っぽい歌詞だったような。タイトルの横にリボンとかハートがいっぱい描かれていたのは覚えているので。たぶん大好きだった『プリキュア』(テレビ朝日系)とか『アイカツ!』(テレビ東京系)に影響されたんだと思う。あと保育園のときはクラスの出し物で『ドラえもん』の劇をやったんです。のどか、そこで絶対センターになりたかったんです。センターの衣装カラーがピンクだったので、試行錯誤しながらセンターをゲットしました。

──試行錯誤とは?

鎮目 「ピンクがいい! ピンクがいい!」と騒いでいただけですけど(笑)。

──駄々こねてるだけじゃないですか(笑)。歌やダンスは習わなかったんですか?

鎮目 一応、小3から小5くらいまでやっていました。だけどこれは仲よかった友達から「一緒にやらない?」って誘われて始めただけで、芸能人志望とかそういう感じでは全然なかったんです。本当に習い事感覚だったし、上手になろうともしていなかったくらいで。

鎮目 特別だったんですよね、ZOCは。他と比べられないような存在だったんです。なんて言えばいいのかな……。たとえば私も『Mステ(MUSIC STATION)』(テレビ朝日系)とか観ていましたし、そこに出てくるアーティストさんを好きになることもありましたけど、「周りの子が好きだと言ってるから、自分も影響されて好きになる」という面が強かった気がするんです。

──小中学生なんて普通はそんなものですよね。

鎮目 だけどZOCは違ったんです。学校では誰もZOCのことなんて知らなかったし、のどかも教えたくなかった。「自分だけのものにしておきたい」という感覚があったんです。最初は靖子ちゃんの曲をYouTubeで観ていて、そこからの関連動画でZOCのライブにたどり着いたかたちです。

──デビュー当時からZOCは強烈なオーラを発していました。エキセントリックな歌詞も含め、地方の中学生には刺激が強すぎませんでしたか?

鎮目 そのへんは全然大丈夫でした。歌詞も頭にスッと入ってくる感じで、大好きでしたし。ZOCがライブで名古屋に来たときも、行きたかったんですけど学校のテストと被って無理だったんです。だからずっとYouTubeで観ていました。とにかくもうZOCのことが好きすぎて、途中からは「応援したい」じゃなくて「ZOCになりたい」と考えるようになったんです。それで中3のときにオーディションがあることを知り、速攻で受けることにしました。結局、YouTubeを観ているだけじゃ満足できなかったんです。動画に合わせて踊ってみたりもしたけど、それでも全然物足りなくて……。

──オーディションの様子はYouTubeでも公開されています。お母さんは受けることに反対だったとか?

鎮目 メンバーになることに反対するというか、単純に受験が迫っていたから「どうするの」と心配していました。パパは「絶対に受けるべきだよ」って応援してくれましたけど。それでパパが運転する車で東京まで受けに行ったんです。オーディションの前は普通に観光していましたね。東京タワーとかスカイツリーの前で写真を撮ったりして、完全におのぼりさん状態(笑)。

──歌唱審査はカラオケボックスで行われたようですね。その場には大森さんのほかに藍染カレンさんもいたようですが。

鎮目 (雅雀)り子ちゃんもいました。部屋の外で待っているとき、のどかの前の人が歌ったり会話したりする様子が聞こえてきたんです。その人の歌がすごく上手だったから、「ヤバい、ヤバい」と焦っちゃって……。部屋から出てきたその人は見た目もすごく大人な感じで、髪の毛も染めているんですよ。「15歳の自分がこんなところにいていいのかな?」と場違いな感じがして、震えました。

鎮目 家で死ぬほど歌い込んでいました。ただ靖子ちゃんたちの前で歌うのは、なんだか不思議でしたね。自分のことなのに、空から客観的に自分のことを眺めているような感じがしたんです。「よし、頑張ろう!」とかじゃなくて、「歌ってる、歌ってる」と自分を傍観しているような感覚で。

──初めて対面した大森さんたちの印象は?

鎮目 超可愛いし、超優しいし、もうどうしたらいいんだろうって(笑)。普段はYouTubeから流れていた声がすぐ近くから聞こえてくるから、それだけでうれしくて仕方なかったです。

──その次がダンス審査?

鎮目 最初に柔軟体操をしたんですけど、のどかってめちゃくちゃ身体が硬いんですね。だけどみんなはすごく柔らかかったから、その時点で自信喪失(笑)。周りを見ると不安な気持ちになるから、なるべく視界に入れないようにしていたんですけど、それでもやっぱり目に入るじゃないですか。みんなダンスも上手だし、見た目も大人っぽかったから焦りましたね。まったく自信がなかったです。

──公開されているYouTube動画では「受かる自信はあった」とコメントしていませんでした?

鎮目 たしかにそう話しましたけど、あくまでもそれは『family name』の歌についてなんです。上手いとか下手とかは置いといて、ZOCというグループに対する気持ちは絶対に負けないと思っていました。

【後編はこちら】ZOC 15歳の逸材・鎮目のどかが涙で語る決意「苦しんでいる人たちを励ましていきたい」

▽鎮目のどか

今年1月に開催された「ZOC 新メンバーオーディション」を経て、グループに加入。15歳とは思えない存在感を放ち、ZOCに新風を巻き起こす。鎮目が参加した最新アルバム『PvP』が絶賛発売中。現在、全国20都市を回るツアー「ZOC FOR PRAYER TOUR 2021」も開催している。