日本と大接戦を演じたニュージーランド [写真]=Getty Images

 7月31日の東京オリンピック男子サッカー競技・準々決勝でU-24日本代表と対戦したU-24ニュージーランド代表が、日本への感謝を伝えるメッセージを残した。1日、日本代表の公式Twitter(@jfa_samuraiblue)が伝えている。

 史上初めて五輪の決勝トーナメントに進出したニュージーランドは、組織的かつタフな戦いぶりで日本を終始苦しめたものの、PK戦の末に敗戦。惜しくも4強入りを逃したが、試合後のロッカールームに残したメッセージが大きな反響を呼んでいる。

「ありがとう鹿島・東京2020。素晴らしい時間を過ごせました。日本代表の幸運を祈っています。頑張れ!」

 DF中山雄太も自身の公式インスタグラム(@y_5_nakayama)を通じて写真を共有。次のようにニュージーランドのスポーツマンシップを称えている。

「これは、試合後のニュージーランドのドレッシングルームで撮った写真です。僕はサッカーを通じて、サッカー選手である前に人として深く尊敬しています。彼らの情熱に負けないように頑張ります」

「日本では多くの選手が活躍していますが、上記のような心が温かくなるようなニュースを見ることがあります。僕は何もしていませんが、日本のホスピタリティや人柄を誇りに思っています。人と人とのつながりは本当に良いものだと、ふと思いました。世界が今よりももっと温かいニュースで満たされることを願っています」

 ニュージーランドからのエールを受け取った日本は、8月3日に行われる準決勝でU-24スペイン代表と対戦する。