ランクル(40系)のパーツ復刻を発表!希望パーツのアンケートも実施中

ランドクルーザー生誕70周年にあたる8月1日、TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)がランドクルーザー「40系」(1960~84年生産)の補給部品を復刻することを発表した。これらの部品は「GRヘリテージパーツプロジェクト」として復刻される予定だ。

【復刻のリクエストができるアンケートフォームも!】(写真2点)

このプロジェクトは、「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というユーザーの想いに応えるべく、サプライヤーによる特別協力のもと既に廃版となってしまった補給部品を復刻し、純正部品として再販売する取り組みで、すでにA70/A80スープラ、2000GT 向けの供給がスタートしている。

ランドクルーザーは「どこへでも行き、生きて帰ってこられること」を使命とし、生産終了後数十年を経過した車両であっても、世界各地でいまだに現役選手として活躍している。しかし近年、補給部品が欠品となることで「今乗っているランクルにもう乗れなくなってしまうかもしれない」というユーザーからの不安の声が上がっていた。そこで、TGRは「お客様がこれからも安心して安全に愛車にお乗りいただけるよう、ご要望が多く必要性の高い部品を復刻する」との考え方で、世界各地のランドクルーザー専門ショップやファンクラブ代表などからヒアリングした結果をもとに、40系の走る・曲がる・止まるに関連する重要機能部品(例 エンジン・駆動・排気系など)について、ヘリテージパーツとして再販売する調整を進めている。2022年の初めごろをめどに、準備の整ったパーツから順次発売を予定し、40系を皮切りにそれ以降の車両のパーツについても供給の検討を順次進めていくという。

https://toyota.jp/cmpnform/pub/jp/landcruiser_form_jp

上記WEBサイト内にて復刻のリクエストができるアンケートフォームも用意されている。ユーザーからの意見も参考にしながら、次の復刻部品の選定に活用していくとのことだ。