なぜ“ヨンマル”から? ランドクルーザー40系、パーツ復刻プロジェクト始動

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、ランドクルーザー生誕70周年にあたる8月1日にランドクルーザー「40系」(1960〜84年生産)の補給部品復刻を公表した。なお、今回の部品は「GRヘリテージパーツプロジェクト」として復刻する予定。

このプロジェクトは、「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というユーザーの想いに応えるべく、サプライヤーによる特別協力のもとすでに廃版となってしまった補給部品を復刻。純正部品として再販売する取り組みだ。

画像】歴代ランドクルーザーを写真で見る

ランドクルーザーは、「どこへでも行き、生きて帰ってこられること」を使命とし、生産終了後数十年を経過した車両であっても、世界各地で数多くのユーザーが愛用しており、それぞれの車両が人の命や暮らしを支える、またより豊かな人生を支える「現役選手」として活躍している。

そこで、これからも安心して安全に愛車に乗ってもらえるよう、要望が多く必要性の高い部品を復刻するとの考えで、世界各地のランドクルーザー専門ショップやファンクラブ代表にヒヤリング。これをもとに、40系の走る・曲がる・止まるに関連する重要機能部品(エンジン・駆動・排気系など)について、ヘリテージパーツとして再販売する調整を進めている。2022年の初めごろをめどに、準備が整ったパーツから順次発売となる見込みだ。

そもそも、なぜ復刻パーツの対象に40系が選ばれたのか?

40系はその後、「ライトデューティ」や「ステーションワゴン」などランクルが派生していく起点になったトヨタとしても重要なモデル。さらに、1960〜84年の24年間で約100万台を生産しており、まだまだ世界中で数多くの40系が活躍しているというのがもっと大きな理由だ。

また、WEBサイト(https://toyota.jp/cmpnform/pub/co/landcruiser_form_jp)内にて復刻の要望を伝えられるアンケートフォームも用意。ランドクルーザーに関しては、今回の40系を皮切りにそれ以降の車両のパーツについても供給の検討を順次進めていく予定とのことだ。

〈文=ドライバーWeb編集部〉