グラビア一筋18年、吉田早希が振り返るデビュー時代「家族には写真集が決まってから打ち明けました」

日本のトップコスプレイヤー・えなこほか、伊織もえ、篠崎こころら所属する事務所として注目度を集めるPPエンタープライズ。そんな話題の事務所に所属し、活動歴18年を超えるのがグラビアアイドルの吉田早希だ。コスプレイヤーが多く所属する中、ブレずにグラビアアイドルとして活躍する彼女のこれまでの軌跡を聞いた(3回連載の1回目)。

【写真】キャリア18年も輝きを増し続ける吉田早希 撮りおろしカット【12点】

──吉田さんは2019年5月よりPPエンタープライズに所属していますが、吉田さんはコスプレイヤーというわけではないとか。

吉田 仕事でコスプレに携わることはありますけど、基本はグラビアアイドルです。もともと代表のよきゅーんちゃんと友達で、その縁で所属することになりました。縁故ですね(笑)。

──今回は吉田さんのグラビアアイドル人生を、順を追って振り返っていきたいんですが、芸能活動を始めたのはお幾つのときですか?

吉田 14歳なので中学3年生のときです。家から中学校までの通学時間が片道2時間もかかる距離で、このまま私は往復4時間も浪費して、学校に行って帰るだけの毎日でいいのかって悩んでいたんですよ。そんなときにスカウトを受けてグラビアデビューをしました。周りにミュージカル『アニー』に出ている子もいたので、華やかな世界が羨ましい気持ちもあったんですよね。

──吉田さんはすぐにグラビアデビューされていますが、当時、人前で水着になることに抵抗は?

吉田 あんまりなかったですね。「恥じらい」はもちろんありましたが、若さゆえに「何とかなるだろう!」という気持ちの方が優っていたんだと思います(笑)。

──すぐにお仕事は軌道に乗ったんですか?

吉田 そうですね。ただ学校も大切にしていたので、高校時代はそこまでお仕事中心ではなかったです。

──家族はお仕事に賛成だったんですか。

吉田 それが我ながら体当たりだなと思うのは、写真集のお仕事が決まってから家族に打ち明けたんです(笑)。

──それまでは内緒だったってことですか?

吉田 そうです。デビューして間もなく写真集が決まったので、それほどの期間ではないんですけど、写真集となると18歳未満なので親の許諾が必要で、もうだいたいの話を先方とつけた後に「さあ、どうですか?」って感じで親に伝えました。そのときは渋々で許可してくれました。写真集を出してから、父の知り合いに有名なカメラマンさんがいて、その方に写真集を見せて「この先もこの世界でやっていけそうですか?」と相談したみたいなんです。そうしたら、その方が「いいんじゃない?」って軽いノリで仰ったらしくて、それ以降本格的に応援してくれるようになりましたね。

──高校時代、将来も芸能界でやっていこうという気持ちはなかったんですか?

吉田 先々もお仕事が出来るとは思っていなかったので、まったくなかったです。幼かったからもあると思うのですが、当時は刹那的にお仕事をこなしていくことしか知らなくて。どうしたら仕事が来るか、という戦略も考えたことがなかったです。口を開けてオファーを待っているだけの状態でした。だから今の子は自発的にSNSなどでアプローチする事が当たり前な方達が多いと思うのですごいなと思います。

──いつ頃からプロ意識が芽生えたんですか?

吉田 大学卒業が間近に迫ってからです。周りが就職活動をしていく中、本当に切羽詰まってから「どうしよう……」と。ほかの道も考えたりはしたんですけど、まだ辞められないなって自分の中でたぎる思いがありました。

──高校時代は刹那的だったのに何があったのでしょうか。

吉田 当時所属していた事務所の社長さんが、「芸能を辞めた女の子って絶対に戻ってくる。一度スポットライトを浴びると忘れられなくなるんだ」という話をしていて、実際に一度辞めてから戻ってくる子も多かったんです。その話を聞いて「なるほど」と。未練があっていつか戻るぐらいなら、もう少し頑張ろうと思って、大学卒業後も続ける覚悟ができたんです。

>>2回目「グラビア一筋18年、吉田早希が語るゲームとインターネット」はこちら

(取材・文/猪口貴裕)

Instagram:mt_yoshida