「女(じぶん)の体をゆるすまで」上巻

「実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。」のペス山ポピーによる単行本「女(じぶん)の体をゆるすまで」上下巻が、本日7月30日に小学館より刊行された。

同作は生物学的には女性として生まれ、性別欄に「どちらでもない」の項目があると安心するという、トランスジェンダー(Xジェンダー / ノンバイナリー)のペス山が自身のこれまでを綴るエッセイマンガ。自身の過去、友人、親と対峙しながら、“女(じぶん)の体をゆるすまで”を描いている。