大物政治家・天沼夕源(桂文珍)、音羽尚(賀来賢人)

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第5話が、8月1日に放送される。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。

救命救急チーム“TOKYO MER”のメンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)の7人。

先週放送された第4話では、トンネルの天井が崩落する事故が発生。移植手術のための心臓を運搬中の医師・小山希望(高橋ユウ)が巻き込まれる……というストーリーが展開。喜多見や高輪千晶(仲里依紗)らによる命のリレーにネット上では、「気付けば無言で見入ってる」「涙ボロボロ」「死ぬほど泣いた」「涙止まんない」「最高すぎて一瞬で終わった」「毎話最終回やん」「最後まで胸アツだった」などの声が上がっていた。

<第5話あらすじ>

出動したTOKYO MERには、政治家・天沼の救出を優先するよう命令が下る。炎上間近のエレベーターで音羽に迫られる究極の選択……。母子の命を救うため、喜多見が下した決断とは!? TOKYO MERのメンバーたちが決死の救出劇に挑む!