【高校生が人工衛星を打ち上げる?】クラーク記念国際高校が小型衛星の開発・打ち上げに挑戦

デスク「通信制高校のクラーク記念国際高等学校が高校生による人工衛星の開発・打ち上げプロジェクトを立ち上げたね」

記者「学内に『宇宙探究部』を創設し、部員は外部の専門家の協力・指導を仰ぎながら、重量1キロ、10センチ角のキューブ型人工衛星

デスク「教育への効果は? 」

記者「プロジェクトで得られた知見を活かし、宇宙を題材にしたカリキュラム『宇宙探究学』(仮称)を構築する予定で、宇宙教育に力を入れていきます」

デスク「きっかけは何だったの」

記者「同校を運営する学校法人創志学園専務執行役員の増田哲也氏が『コロナ禍で皆が下を向いているときこそ、上を向くプロジェクトが必要』と感じていた中、『はやぶさ2』が帰還する姿を見て宇宙に可能性を感じて動き出しました。高校生による人工衛星の打ち上げが成功すれば日本初の出来事になります」

【2022年から不妊治療が保険適用】 ソニー出身女性起業家・角田夕香里が目指す「AIを活用した女性医療」