圧倒的ビジュアルが話題、パラディーク新谷真由が語る“嬉しい裏切り”ばかりのグループ結成秘話

活況著しいアイドルシーンにおいて、圧倒的な“可愛さ”と様々なスタイルの楽曲をキャッチィに届けるパフォーマンスで人気を拡大しつづけている5人組アイドルグループ・パラディーク。グループを立ち上げた新谷真由は、過去にグループ活動、そしてグラビア活動で人気を博しながらも、ある挫折を経験し一度歩みを止めてしまった。様々な想いを経て誕生したパラディークの秘話、そしてこれまでの道のりについてうかがった。

【写真】ビジュアルの高さも話題、パラディークメンバー&新谷真由の撮り下ろしショット

──新谷さんは前グループを卒業後、約1年フリーでの活動を経て、今年3月末にパラディークを始動させました。もう一度グループアイドルとして歩もうと思ったきっかけは?

新谷 卒業後もちょこちょことアイドルさんのライブに足を運んでいたんです。そのたびに、キラキラと輝く姿を見てすごい笑顔になれたんですよ。初めてそのときに私も客観的に、アイドルの魅力や強さを知ったんです。これまでは自分がステージに立つときは常に必死だったので、自分が勇気や元気を与えているとは気づけていなくて。あらためてアイドルがステージから幸せを届けられるって本当にすごいなと思い、もう一度真剣にアイドルをやりたいなと思いました。

──その覚悟を決めたあとはどのような行動を?

新谷 ありがたいことに、前の活動を知っている関係者の方々から「このグループはどう?」とお声かけいただける機会があったんです。ただ、どのお話しも、自分としてはしっくりこなくて……。

──それはなぜでしょう?

新谷 なんと言いますか……私は歌も踊りも詳しくは分かりませんが、「こういう展開やメロディはファンの方が好き」、「こういう動き、こういう衣装は喜んでもらえそう」……と、自分なりにファンの方に喜んでもらえる理想の形やヴィジョンは持っていて。その理想を完璧に実現できる環境がいいという、良い意味で完璧! 悪い意味でわがままな気持ちが強くて(苦笑)。そうしたら今のマネージャーさんと出会い、「理想があるなら、グループを作りませんか?」とご提案をいただき、新グループのプロジェクトを立ち上げることになりました。

新谷 全然。とにかく私がSNSで好みの子を検索して、「この子、良い!」と探りまくって声をかけていきました(笑)。他にもプロデューサーさん、マネージャーさんが「この子はどう?」と声かけてくれた子を呼んでもらい、面接……というか、何人かでお話をするという形で、この4人が集まりました。

──では、メンバーさんのここがピン!ときた、という点について聞きたいと思います。

新谷 最初に選んだのがまこちゃん(近藤真琴)でした。最初はグラビア経験者で「メチャ可愛い! けど、写真の印象から「ぶりっこ」なのかな?」と思っていて。そうしたら実物は、身振り手振りも声もやたら大きいテンションの高い子で。さらに「ぶりっこ」が苦手と、私の予想を全部良い意味で裏切ってきて(笑)。この子は絶対にメンバーもファンの方も明るく照らす元気を持っている。それでいて可愛い。なら絶対に必要となり、お願いしました。

──見事に予想を良い意味で裏切り続けられていますね。そして阿久津友理さんは唯一の未経験者ですが、どういった流れで?

新谷 友理はSNSで「#アイドルになりたい」と呟いていて。もう発見たときは「可愛い!! この子しかない!!」と思いましたね(笑)。友理だけは唯一イメージ通りの、センターがピッタリな子。本当に自慢です。

新谷 私たち、「夢は武道館」という目指す先は全員一緒なのですが、良い意味で「やりたいアイドル像」がバラバラで。しかも、美潤は可愛い、ふうちゃんはカッコイイ……と、それぞれ持っている特性も違うんです。その、それぞれの目指す形、全部をまとめてやろう! というのがパラディークのコンセプト……と言いますか、やり方ですね。

──“アイドル”という大きな枠はありつつ、ジャンルを決めないのがパラディークのらしさだと。

新谷 はい。今はカッコイイ系ならカッコイイ系の曲と衣装、病みカワイイなら病みカワイイ系の曲と衣装と、コンセプトを明確に打ち出しているグループさんが多いですよね。その1つを極めるのは当然素晴らしいと思います。ただ人間って、自分の中にはいろんな自分がいますよね。私たちは、そのいろんな自分の姿の全部を見てもらいたくて。なんというか……型にはまるのが苦手なんですよね、単純に(笑)。

──その型にはまらないのは、本当にジャンルレスな楽曲、ダンスに表れていますね。

新谷 分かりやすく「私たちのやりたいこと」を表現できるのが、楽曲やパフォーマンスですからね。王道から可愛い、カッコイイと、新しい部分を見せていくうちに「こういう一面もあったんだ!」、「今度の曲も好き」と言ってもらえたときに、私たちのやりたいことをやるという姿勢は間違っていなかったんだなと思えて、嬉しくなります。

──「このジャンルがよかったのに!」という声が聞こえても、みなさんがやりたいことを徹底する姿勢は変えていかない?

新谷 はい。たとえば新しい曲が不評なら、それでいいんです。それは私たちの大きな気づきになりますし、ならば次はこうだ! という新しい一手にもなるので。とにかくまずは一歩を踏む。必ず「好き」と言ってくれる方は1人いますし、その“届く人に届くもの”の数が多ければ多いほど、人に連鎖して刺さりやすくなる可能性が増えると思うんです。なので、持ち時間25分あれば、必ず好きになってもらえる自信があります。今は楽曲やパフォーマンスに“自由さ”が表れていますが、これから衣装やMC、もっといろいろなところにも変化が表れると思います。常にみなさんの想像を良い意味で裏切っていく、私たちを楽しんでもらえるような“唯一無二の楽園”を作っていきたいですね。

【中編はこちら】不登校から勇気を振り絞って…新谷真由が語るアイドル再挑戦

▽新谷真由(にいや・まゆ)

今年4月にデビューした5人組アイドルグループ「パラディーク」のピンク担当。キュートなルックスとパフォーマンス力でグループを引っ張る。毎月、定期ライブを行うなど、精力的に活動中。