ソフトクリエイトは28日、Microsoft Power Apps利活用を支援する「Power Apps 支援サービス」の提供を開始した。

サービスは、ノーコード/ローコードで自動化された業務アプリを開発できる「Microsoft Power Apps」を用いたハンズオントレーニングや業務アプリ作成を提供するもの。ユーザ部門や業務部門など非エンジニアでも、身近なWindowsプラットフォームの業務効率化を図れるツールの活用を通してDX化を支援する。同社は世界100カ国以上、4400社を超える企業がエントリーする「2021 Microsoft Partner of the Year Awards」のModern Workplace for SMB部門のファイナリストに選出されている。