オーストラリアとエジプトが対戦した [写真]=Getty Images

 東京オリンピック男子サッカー競技一次ラウンド・グループC最終節が28日に行われ、U-24オーストラリア代表とU-24エジプト代表が対戦した。

 オーストラリアは引き分け以上で自力でのグループステージ突破が決定。一方、勝ち点「1」のエジプトは勝利しても、決勝トーナメント進出はスペインvsアルゼンチンの結果次第という状況で試合を迎えた。

 拮抗した展開が続くなか、前半終了間際にエジプトがスコアボードを動かした。浮き球に反応して左サイドの深い位置に抜け出したラマダン・ソブヒは、右足アウトサイドを使った鮮やかなファーストタッチで寄せてきた相手DFをはがす。ソブヒがグラウンダーで折り返すと、アフマド・ヤセル・ライヤーンがダイレクトでゴール左下隅に流し込んだ。

 ビハインドで折り返したオーストラリアは56分にチャンス到来。ペナルティエリア手前で相手をはがしたマルコ・ティリオのパスからダニエル・アルザニが押し込もうとしたが、相手GKのセーブに阻まれる。

 追加点を狙うエジプトは70分、敵陣でのボール奪取からカウンターを展開。ドリブルで運んだソブヒのラストパスを受けたアマル・ハムディは、ペナルティエリア内で右足を振り抜く。しかし、シュートはクロスバーに直撃し、こぼれ球に詰めたソブヒのヘディングシュートも枠の上へと外れた。

 追う展開となったオーストラリアは82分、アルザニがドリブル突破からゴール右上を狙ったシュートを放つが、相手GKモハメド・エル・シェナウィの好セーブに遭う。その場面から獲得した右コーナーキックにはトーマス・デンが頭で合わせたが、枠を捉えたシュートは再びエル・シェナウィのビッグセーブに阻まれた。

 すると85分、エジプトが貴重な追加点を獲得。ロングボールに抜け出し、右サイドからペナルティエリア中央に切り込んだナセル・マンシが左足でシュートを放つと、これは相手GKにセーブされる。それでもこぼれ球をアマル・ハムディが押し込んだ。

 試合はこのまま終了し、敗れたオーストラリアはグループステージ敗退が決定。また、スペインvsアルゼンチンが1-1に終わったため、エジプトは得失点差でアルゼンチンを上回って2位での決勝トーナメント進出が決定した。準々決勝は31日に行われ、エジプトはグループD首位のブラジルと対戦する。

【スコア】
U-24オーストラリア代表 0-2 U-24エジプト代表

【得点者】
0-1 44分 アフマド・ヤセル・ライヤーン(エジプト)
0-2 85分 アマル・ハムディ(エジプト)