今井美樹「この経験が、これから先もきっと助けてくれると思っています」デビュー35周年コンサートでの“気づき”とは?

今井美樹さん



お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。7月17日(土)放送のお客様は、歌手・今井美樹さん。今回の放送では、デビュー35周年を振り返りました。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」7月17日(土)放送ゲスト:今井美樹さん



今井さんはモデルとしてデビュー後、テレビドラマや映画に出演。1986年にシングル「黄昏のモノローグ」で歌手デビューを果たしました。歌手、女優として活躍するなか、「瞳がほほえむから」「PIECE OF MY WISH」「PRIDE」など、数々のヒット曲をリリース。2012年より活動拠点をロンドンに移しました。


(コンサートのお写真)


◆デビュー35周年…特別な思いをファンと共有

川島:今回のコンサートは、歌手デビュー35周年を記念したものなんですよね?

今井:そうなんです。本当は2020年の5月に予定していたコンサートだったんですけど、新型コロナウイルスの感染が拡大して、緊急事態宣言が出たタイミングで……。キャンセルするのか延期するのか、スタッフの方たちがギリギリまで動いてくれました。

それで、ラッキーなことに11月に延期することができたんです。ただ、収容人数は半分での開催になりました。半分の人数でのコンサートになるので、これまで見てきた景色とは随分と違ったものになるなと思いましたね。

川島:そうですよね。

今井:みなさんがいろんな思いを持って、感染対策に協力して来てくださっているし、まっすぐな思いがキャッチボールできているなと感じたんですね。コンサートで気持ちがパンと開けて、「今日のこの時間はみんなにとって特別な時間なんだ」ってことを信じたいなって思いました。

川島:今井さんは7月24日(土)に大阪、7月30日(金)に東京でコンサートを開催されます。

今井:今回は(35周年記念コンサートの)アンコールという形です。「あのライブを」というよりは、あれから半年以上が経っていますし、みなさんがいろんな思いで過ごしてきたからこその受け止め方もあると思います。音楽が私たちの心に“潤い”を与えてくれるものだと信じて、ステージに立ちたいと思っています。

川島:この日にしか出せない音というのを、ぜひ。

今井:ドキドキしますけど、楽しみです。

川島:2020年11月に35周年記念アルバム『Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST』も出されていますよね。


「Classic Ivory 35th Anniversary ORCHESTRAL BEST」



今井:そうですね。35周年を記念して、アルバム制作とライブを開催しました。でもライブは、アルバムでアレンジしてくださっているフルオーケストラとは違っています。今回は、20人ぐらいで演奏するアンサンブルコンサートなので、リリースしたアルバムとはまったく違う、コンサートオリジナルのアレンジになっています。

同じ曲なのに2つの音が生まれて、結果的にすごくよかったと思っています。時をこえて、曲がどんどん育っていったというか。演奏する側も、聴いてくださっている側も、一緒にその思いを共有できたのが35周年の“お土産”になった気がします。

川島:35周年だからこそ思えたものということですね。

今井:周年のときじゃないと、なかなかトライアル的なことはできなかったりするので。この経験が、これから先もきっと助けてくれると思っています。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回7月31日(土)のお客様は、野生爆弾・くっきー!さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/