「メルカリ」にネットショップ開設できる 「メルカリShops」を試験提供 スマホで簡単開設、先行受付開始

メルカリは7月28日、グループ会社のソウゾウにおいて、スマホ1つで簡単にネットショップを開設できるECプラットフォーム「メルカリShops(メルカリショップス)」をプレオープン(試験提供開始)し、EC化支援事業に参入した。「メルカリ」の顧客基盤とUX技術、ノウハウを活用し、EC化に課題を持つ事業者や生産者を支援する。プレオープンに伴い、2021年9月に予定している本格提供に先駆け、主にクリエイターや生産者・小規模事業者などを対象とした先行出店の受け付けを開始した。また8月2日からは、購入者向けの「実質半額キャンペーン」を実施する。

【<画像3点>「メルカリShops」で開設したサイトやサービスのイメージ】

「メルカリShops」は、「かんたんで、売れる」をコンセプトに、スマホ1つでネットショップを開設し、ショップ運営者が商品を直接販売することができるECプラットフォーム。個人事業主、法人に加え個人でも利用でき、「メルカリ」に出品するのと同様の簡単な操作で、誰でも「メルカリ」アプリ内にネットショップを開設できる。商品管理や在庫管理もスマホ1つで完結することが可能だ。月間1900万人超の「メルカリ」内で販売するため、出店者は独自の集客なしに多くの消費者に商品を届けることができる。初期費用・月額利用料は無料で、商品が売れた場合のみ販売価格の10%の手数料が発生する。

9月に予定している本格提供開始に先駆け、プレオープンとともに、主にクリエイターや生産者、小規模事業者を対象に先行出店の受け付けを開始。さらに8月2日~8月30日には、プレオープンを記念した購入者向けの「実質半額キャンペーン」を開催し、期間中「メルカリShops」で商品を購入し、評価を完了した人に、合計購入金額の50%分のポイント(期間中合計5000ポイントまで)をもれなく付与する。

「メルカリShops」の提供により「メルカリ」利用者は、従来の個人の出品物に加え、生産者や個人事業種、法人などが販売するハンドメイド作品や農家直送の野菜・果物、まちの飲食店のグルメ、地方の特産品などさまざまな商品を「メルカリ」アプリ1つで購入可能でき、買い物の楽しみがさらに広がるとしている。

「メルカリ」は、2013年7月のサービス開始以来、個人が簡単かつ安心・安全にモノの売買ができるサービスとして多くのユーザーに利用されており、現在の月間利用者数は1900万人超、累計出品数は20億品を突破している。新型コロナウイルス感染症の拡大以降は、在宅時間の増加を受け、月間利用者数が約250万人増加するなどさらに利用が拡大している。

コロナ禍においては、店舗営業時間の短縮や観光客需要の激減などにより、従来オフラインで営業をおこなっていた事業者のEC化需要も高まり、フリマアプリだけでなくEC市場全体も拡大傾向にある。その一方で、ECサイトの開設や運用、集客などのノウハウがないといった課題から、中小事業者の大半は未だECサイトを開設できておらず、日本全体のEC化率はいまだ6.76%に留まっている。

さらに同社が小規模事業者を対象に実施した調査によると、ECサイト開設者のうち、商品が「売れている」のは25.3%だったとし、約4分の3は実際にECサイトを活用できていない状況を受け、「メルカリ」の顧客基盤と、個人間の簡単かつ安心・安全なモノの売買を実現したUX技術やノウハウを活用した「メルカリShops」の提供により、EC化への課題の解決を図る。すべての価値あるモノに新たな売れる場所を提供していくとしている。

9月の本格提供開始以後、2021年中には「メルカリ」アプリ内だけでなく、アプリ外にも独立したWebサイトとしてネットショップを開設できる機能の提供も予定している。