NECは7月27日、東京都教育委員会および東京学校支援機構と協定を締結し、都内公立小中学校において社員ボランティアが、授業時間等における児童・生徒に対する端末操作や教員に対する教材作成等の技術的支援を行うと発表した。

実施期間は2021年7月21日から2022年3月31日までで、参加者数は約200名を予定している。

東京学校支援機構のコーディネートの下、支援を希望する小中学校において、授業中や授業外の時間における児童・生徒や教員等に対する機器操作等の支援、動画や課題等の教材作成等における技術的な支援、その他、東京都教育委員会が必要と認める支援を行う。