村上春樹「昔、サーフィンをやってました」…サーフィンを始めたきっかけは? 当時を振り返る
作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。7月25日(日)の放送は、「村上RADIO~夏だ、ビーチだ、サーフィンだ!~」と題して、村上さんが厳選したビーチ・ミュージック、サーフィン・ミュージック特集をオンエア。ここでしか聴けないような、めずらしい楽曲やカバー曲を、村上さんの解説付きでお届けしました。村上さんがサーフィンを楽しんでいた頃のエピソードなど、夏を感じるトークも。この記事では、収録中のつぶやきと、中盤4曲についてお話された概要をお届けします。


"Top Secret" soundtrack「Skeet Surfin'!」
1984年に公開されたお馬鹿な映画「トップ・シークレット」のタイトル・ロールで流れる音楽「Skeet Surfin'!」。誰が聴いてもわかるビーチボーイズのヒットソングのパロディです。主演のヴァル・キルマーが自分で歌っています。歌詞は「サーフィンをしながら、スキート射撃をやろうよ」というまったく無意味な内容です。このタイトル・シーン、たぶんインターネットで観られると思うので、お暇な方はぜひ観てください。かなり脱力します。

<収録中のつぶやき>
僕も昔、サーフィンをやってました。神奈川県藤沢市の鵠沼に住んでいたことがあって、そのときに仲間にひきずりこまれて。でもね、僕は波を待っているのが退屈でしょうがなくて……。

田川譲二「太陽の彼方に」
それからアストロノウツのヒット曲「Movin’(太陽の彼方に)」に、日本人の歌手・田川譲二がむりやり歌詞をつけて歌ったという、奇妙な成り立ちのレコードです。アストロノウツが伴奏をしているのではなく、彼らのインスト演奏に、あとから歌をダブらせています。すごいことします。しかし「乗ってけ、乗ってけ」って太陽の彼方まで行っちゃったら、どうやって帰ってくるんでしょうね? 疑問です。

<収録中のつぶやき>
(歌を)あとからくっつけているから、演奏のノリと歌のノリが微妙にずれてるよね。

Bruce and Terry「Hawaii」
Albatross『Surfin' Guitar Hits』より

ビーチボーイズのヒットソング「ハワイ」を、ブルース・ジョンストンとテリー・メルチャーが歌います。オリジナルとは少し雰囲気がちがっています。なかなかいいんです、これ。僕は一度、ビーチボーイズのコンサートをホノルルで見たことあるのですが、オープニングの曲は、やはりこの「ハワイ」でした。盛り上がります。

それから「アルバトロス」というインストゥルメンタル曲。バンドの名前は不明です。たぶんスタジオミュージシャンが集まって、レコーディングのために適当に作ったグループなんでしょう。アルバムのタイトルは『Surfin' Guitar Hits』。いかにも安物っぽいつくりのCDアルバムなんだけど、演奏はなかなか素敵です。トロピカルな雰囲気が横溢(おういつ)しています。

うん、ハワイ、行きたいですね。ビーチにごろんと寝転んで、波の音を聞きながら、アルバトロスを眺めていられたら、ハッピーだろうな……。

<番組概要>
番組名:村上RADIO~夏だ、ビーチだ、サーフィンだ!~
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:7月25日(日)19:00~19:55(※放送日時が異なる局があります)
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/