のめり込んだハコスカチューンの世界|1970年式 日産 スカイラインGT Vol.2

【1970年式 日産 スカイラインGT Vol.2】

【1】から続く

「その頃は、旧車専門のスピリットガレージさんに何度もアシを運んでいました。私の強い思いが通じたのか、翌月にハコスカが1台あがってくるという情報をいただいたんです」。

 そうしてオーナーさんの元にやってきたGC10。L26型を換装した公認車であったこのハコスカは、エンジンOH済みで、新品のソレックス44PHHも装着。前後スポイラーやグリル、オーバーフェンダーも装備していた。

 当時はまだ独身であった福田さんは、すぐさまハコスカチューンの世界にのめりこんでいく。やがてはサーキット走行にも目覚めたが、どこかが壊れる前に早めの修理を心掛けていたお陰で、大きく調子を崩した記憶は一度もない。

「これまでエンジンをL28型3.1L改フルチューンに積み換えるなど、地道にアップデートしてきました。足回りも自分好みのフィーリングを求めて計3回ほど交換しましたね」。そんな努力のかいもあり、現在はストレスフリーな走りを満喫できるという。

 また、GT‐R仕様ながら、内・外装については、シートや内張、ミラー、ガラスにいたるまで、R用の純正パーツに交換しているのがポイント。現在は本物のRかと思えるほど、完ぺきなR仕様に仕上がっている。

14インチ〜16インチまで試し、15インチに落ち着いたホイールサイズなど【写真23枚】

1970年式 日産 スカイラインGT(KGC10)

【3】に続く