25日に行われた侍ジャパン強化試合第1戦

◆ 楽天側も濃厚接触者なし

 NPBエンタープライズは25日、24日に楽天生命パークで行われた「ENEOS 侍ジャパン強化試合」に出場した橋本信治審判員が、新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 橋本審判員は24日(土)12時から行われた日本対楽天に出場し、同日夜に機構が実施した自主スクリーニング検査で陽性疑いの反応が。一夜明けた25日午前に仙台市内の病院にてPCR検査を受検したところ、陽性判定を受けた。

 試合に出場したチーム・球団関係者とその他の審判員に関しては、管轄の保健所から濃厚接触者に該当しないと判断されており、侍ジャパンは監督、コーチ、選手、スタッフに対してPCR検査を実施し、25日午前に全員が陰性判定を受けたとのこと。

 26日(日)18時から楽天生命パークにて予定されている日本対巨人の強化試合第2戦は、前日とは審判員を入れ替えて開催されるという。