ターボとともに振り返る80年代|ターボエンジンの進化の軌跡

【ターボエンジンの進化の軌跡】

1979年に国産初のターボ車となる430セドリック&グロリアが登場すると、

 1980年代、日本の自動車メーカーは技術革新に意欲を燃やした。テクノロジーの花形で、進化が著しかったのはターボチャージャーだ。日本初のターボ搭載車は430セドリック/グロリアの4ドアHTで、省エネターボを口実にスタートした。これ以降、日本のターボは最先端の技術を積極的に導入。数年後には、軽自動車から高級車までターボで武装するようになった。

 80年代、世界に誇るターボ先進国は我が日本だ。三菱重工やIHIなど、ターボに関わっているサプライヤーが多かったことも普及に大きく貢献した。だから技術革新は目覚ましい。ノックコントロールシステムに始まり、効率アップに欠かせないインタークーラーも早い時期に採用している。ちなみに、日本で初めてインタークーラーを採用したターボ車は三菱スタリオン。

 この少し前にマツダは世界初のロータリーターボを市場に投入。ホンダもシティにターボを設定し、高性能ターボの魅力をアピールする。日本初のDOHCターボを市場に送り込んだトヨタは、1985年に日本で初めてツインターボを実用化。日産もスカイラインRSに日本初のDOHC4バルブターボを設定。この図式が一般的になり、軽自動車のアルトワークスも誕生した。

 ダイハツは世界最小のディーゼルターボを発売し、技術力の高さを見せつけた。可変ノズルターボに先鞭をつけたのも日本だ。日産はジェットターボを、ホンダはウイングターボを送り出した。タービンブレードにニッケル合金やセラミックを採用するなど、素材面の革新や形状の工夫も進化。1989年に280ps時代が到来するなど、日本のターボ技術は最先端を行っていた。