技術の日産の史上最強ターボ|1983年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボRS Vol.4

「史上最強」のキャッチコピー通りの実力を示してきたターボRS 【1983年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボRS Vol.4】

【3】から続く

 レース用にチューニングされることを想定して開発されたFJ20E型。それゆえ、大幅なパワーアップにも数カ所の強化で対処できたのだろう。そして実際にFJ20ET型は数々のレースシーンで好成績を納め、そのポテンシャルの高さを実証してきた。また、ここまで高められたパワーを生かすために、サスペンションをチューニングし、ブレーキ容量もアップ。加えてステアリングの応答性も高めるなどの改良が行われたことも付け加えておこう。

 こうして「史上最強」のキャッチコピー通りの実力を示してきたターボRSだが、1年後にはインタークーラーを装着し、さらにパワーアップした通称「ターボC」が登場。DR30はこのように目まぐるしい進化を遂げ、「技術の日産」の象徴だったのだ。

1983年式 日産 スカイライン ハードトップ 2000ターボRS(DR30)

SPECIFICATIONS 諸元

全長×全幅×全高(mm) 4595×1665×1360

ホイールベース(mm)  2615

トレッド前/後(mm) 1410/1400

車両重量(kg)  1175

エンジン型式  FJ20ET型

エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ

総排気量(cc) 1990

ボア×ストローク(mm) 89.0×80.0

圧縮比 8.0:1

最高出力(ps/rpm) 190/6400

最大トルク(kg-m/rpm) 23.0/4800

変速比 1速3.321/2速1.902/3速1.308/4速1.000/5速0.833/後退3.382

最終減速比 3.900

ステアリング ボールナット

サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム

ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク

タイヤ 195/60R15(前後とも)