金運、ひいては運は、思わぬ習慣が影響するといわれています。今回は食卓に絞って、金運を左右してしまう!?やってしまいがちな習慣についてお話しします。

金運、ひいては運は、思わぬ習慣が影響するといわれています。食卓は、金運や健康運にも影響を与える重要な場所です。

今回は、食卓に置いておくと金運がダウンするものと、金運がアップするものについてお話しします。

◆食卓に置いているとNGなもの

紙類は邪気を吸い込みます。食べ物のそばに邪気を吸い込んだ新聞やチラシなどがあると、極端な話、邪気まで一緒に口にしているかもしれないのです。

その他、小銭なども置きっぱなしにしている人もいるのですが、これもNG。お金はさまざまな人が触れるものです。決してキレイなものとはいえません。昔の人は、お金を数えるときには、必ず紙を敷いて、その上で数えたくらいのものなのです。

お金は大切ですが、置く場所によって、運気を逃してしまう可能性がありますので、注意してくださいね。

◆食卓にあってもOKなものは?

ただ、これらは置いていてもOKですが、できればきちんと収納しておくことが大切です。テーブルに収納スペースがあるなら、カトラリー一式を入れておきましょう。収納スペースがない場合は、籠などの収納グッズを用意し、ひとつにまとめておくのも一案です。

できれば調味料もまとめて収納しておくとよいのですが、冷蔵庫に入れておいた方がよいもの、常温でもよいものがあります。それぞれ籠などにまとめておき、必要なときに簡単に取り出せるようにしておきましょう。

◆余計なものを置かない、整理整頓を心がける

おすすめの素材としては木製で、温かみのあるものです。また、丸いものはお金を引き寄せる効果があるといわれているので、テーブルの角が尖っているものより、丸みのあるものがよいでしょう。

テーブルを汚さないようにと、ビニールのクロスを使っている人は多いのではないでしょうか? ビニール素材のものは、食事の場ではよくない氣が生まれるともいわれています。使う場合は、麻や綿などの天然素材のものを敷くとよいでしょう。

文:飯田 道子(マネーガイド)

文=飯田 道子(マネーガイド)