和田理生(高杉真宙)

高杉真宙が主演を務める『ホメられたい僕の妄想ごはん』(テレビ大阪、毎週土曜24:56~/BSテレ東・BSテレ東4K、毎週土曜24:00~)の第3話が、 7月24日に放送される。

同ドラマは、ゲスの極み乙女。の休日課長による「ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん」(マガジンハウス刊)が原案。高杉演じる、 平日はサラリーマン、 週末はバンドマンでベーシストとして奮闘する和田理生(わだ・まさお)の日常を描いていく。理生は、生真面目でこだわりが強く、人間関係が不器用ゆえ女性にモテないという役どころ。やさぐれ気味の理生はいつも思う“誰かにホメられたい”と……。

第2話で、取引先とのリモート会議で、憧れのマドンナ・桜井響子(山下リオ)に話しかけられた理生は、響子を相手に妄想劇場を展開。ココナッツシチューとピーマンのナムルに舌鼓をうつ……。

<第3話あらすじ>

いつものように自宅で料理をしていると突然、米袋に写っている農家・あきたなでしこ(壇蜜)が現れる。

この日の晩ご飯は、大葉の混ぜご飯と生姜焼き。米を拝むように優しく研ぐ理生の姿を見て「本当に良い人だ」とホメるあきたなでしこ。理生が茶碗にお米をよそっていると、なでしこが隣にやって来て、まさかの展開に……。

最後に大葉のおにぎりを握っている理生は、なでしこからの思わぬ一言にショックを受けてしまう。食事を終えると、奏(福山翔大)から「緊急事態なんだ」と電話が。鋭治(内藤秀一郎)がバンドを辞めたというのだ。