美少女コスプレイヤー・紗愛「見せて減るものでもない」グラビアへの挑戦

キュートなルックスとセクシーなコスプレ写真でSNSを中心に人気を博す、Twitterのフォロワー数が23万人超えのコスプレイヤー・“すずなぴ”こと紗愛(すずな)。一体彼女は何者なのか? 大事故だったと振り返る初コスプレ話から、自身のコスプレへの矜持。フリーで活動する理由などについてうかがった。[前後編の後編]

【写真】人気コスプレイヤー・紗愛のキュートな撮り下ろし私服ショット

──そもそも芸能の世界への興味はあったのですか?

紗愛 私は元々メイクアップアーティストになりたくて、美容系の専門学校に通っていたんです。……たぶん芸能関係の仕事をしたかったんだと思うんですよね。ただ、私の容姿から何まで、人前に出るのはちょっと自信がなく、そうした仕事は私にはムリだなとどこかで思っていて。それなら美容系に進んで裏方として活動できたらいいなと。ただ、色々と現実を知り、美容の道を進むのは諦めたんですね。今こうして人前に立つことで、憧れの世界と同時に、間接的ながらあのとき諦めた裏方のお仕事を知れたのはすごく大きかったですね。

──今、紗愛さんはグラビア、コスプレイヤーの双方で活動されていますが、何か「この写真で広がったな」という写真はあるのですか?

紗愛 それが全く分からないんですよ。そもそもの撮影はコスプレから始まったのですが、徐々にキャラクターコスプレから、オリジナルの露出の高いコスプレをやるようになって。撮影会活動していくうちに、グラビア活動が増えていったんですよ。ファンの方からも「何をされている方?」とよく聞かれます(苦笑)。

──元々肌を露出することに抵抗は?

紗愛 ないわけではありませんでした。「自分の体型に自信があるか?」と問われれば、ありませんし。ただ、胸が大きいという自覚はあって、それは見せて減るものでもないうえにみんなが好きなら「ハイどうぞ!」という気持ちでした(笑)。

紗愛 福岡で活動していたときから、ありがたいことに東京の撮影会にも呼んでいただくことが増えて、月一は必ず東京でお仕事していたんです。ただ私は、平日普通に働いていたこともあり、休みのたびに都内へと行っては帰っての毎日にちょっと疲れてしまい、もう東京に引っ越そうと決めたんですよ。

──福岡から東京に出てくるのは勇気がいったのではないでしょうか?

紗愛 全然。都内でも仕事をしっかりしていれば、副業として好きなことも並行して上手くやれるとは、こっちに引っ越してくるときも思ったんです。とにかく仕事と両立して、自分の楽しいことも同時に頑張ればいいんだと思って、スンナリと上京できました。

──堅実であり、勇気がありますね。むしろ芸能一本でやろうと思ったりは?

紗愛 私、ビビリなんですよ。ステキなお仕事をいただいたときに、芸能関係のお仕事一本で進めたらいいなと思うこともあります。グラビアやコスプレ仲間の子からも嬉しいことに「仕事を辞めて、どこか事務所に入ればいいのに」と誘われることもあって。ただ、私はどうも5年後、10年後の私の姿が想像できないことへの恐怖心があって。超つまらない話ですが、仕事していればご飯は食べられわけですよ(笑)。遠い未来のことを考えて悩むよりは、今この瞬間を楽しむことが私にとっての良いことなのかなって思っています。

──では、紗愛さんが叶えたい目標や夢は?

紗愛 雑誌への興味があります。それこそグラビアや、洋服も好きなのでファッション誌とかもすごく夢で。いつかは色々な誌面に「紗愛」の名前を見つけて喜びたいですね。

【前編はこちら】フォロワー26万人の美少女コスプレイヤー・紗愛、「大事故だった初めてのコスプレ」

▽紗愛(すずな)

「すずなぴ」の愛称で人気を集める福岡出身のコスプレイヤー。美しいルックスと抜群のスタイルでTwitterのフォロワーは23万を超える。ファンティア「#すずなぴしか勝たん」も開設中。

Twitter:@su_zu_na_sc

インスタグラム:@su_zu_na_sc

ファンティア:https://fantia.jp/fanclubs/207483