空色、スナックのママをAI化したお悩み相談チャットボット 「よしこ」を「洋服の青山オンラインストア」に提供

空色は7月7日、チャットサービス「WhatYa」において、スナックのママたちの聞き上手さやアドバイスをビックデータ化し、いつでもどこでも悩みを聞いてくれる日本初のAIチャットボット「スナック よしこ」を開発し、青山商事への提供を開始した。新型コロナウィルスでストレスや悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートする新たな取り組みとなる。

空色が開発し、青山商事の「洋服の青山オンラインストア」でサービスを開始した「スナック よしこ」は、身近な関係だからこそ言えない悩みをAIチャットボットに相談できるサービス。スナックのママという日々多くの人の話しを聞き、時にはアドバイスをくれる、今の時代に求められる温かみのあるコミュニケーションをチャットボットで実現しており、「仕事を辞めようかな」「上司が任せてくれない」「ビジネス用語がわからない」など、まさにスナックのワンシーンのように気軽になんでも相談することができる。

今回の取り組みでは、青山商事が総インタビュー時間50時間を費やし、ママたちの聞き上手さや悩みに対するアドバイスを収録。それらの情報を空色で解析・ビックデータ化し、いつでも、どこでも、ママたちの優しさや温かさを感じることができるAIチャットボット「スナックよしこ」を開発した。青山商事では、顧客の声に向き合い、得られたインサイトから新しい商品やサービスの開発を進めており、顧客の悩みを開放する場をつくりたいという思いから、社会進出後の働く若者をサポートするサービスの提供に至ったとしている。

空色は、2020年11月から青山商事の「洋服の青山オンラインストア」でチャットサービスを提供しており、今回、”働く若者のストレスや悩みを解放する場”として「スナックよしこ」を開発し、提供を開始した。