NakamuraEmi ニューアルバム『Momi』で歌詞に変化「周りの人の心がたくさん入るような言葉選びに」
NakamuraEmiさんが、7月21日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。この日リリースのニューアルバム『Momi』について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が感想を伝え、歌詞に込められた思いを聞きました。



番組には、Nakamuraさんのプロデューサーでギタリストのカワムラヒロシさんも登場。カワムラさんの演奏でアルバム収録曲の「投げキッス」と「私の仕事」を、生披露する時間もありました。出演のたびに優しいコメントを残すお2人を、校長教頭は“おかん”、“おとん”と呼んでいます。



さかた校長:NakamuraEmi先生とカワムラ先生は、去年の9月(23日)以来、10ヵ月ぶりの登校です。前回は“才能”がテーマだったんですけど、(その年の4月に)校長に就任して以来、初めて生徒のみんな(リスナー)とかに弱音をこぼした日やったんです。

こもり教頭:うん。

さかた校長:「全然うまくいかないし、いろいろ怒られるし……」というのを、おかんとおとんが「そんなことないよ、こんな弱音が吐けるなんていないっすよ」ってむちゃくちゃ褒められて、俺は泣いた記憶が……。今日はうれしい気持ちを届けたいと思います。

Nakamura:ありがとうございます(笑)。

こもり教頭:あれから10ヵ月経っているけど、どうなの?

さかた校長:いまも相変わらず怒られる日々なんですけど、今日も包まれるやろなぁ~と思って。

Nakamura:(笑)。

さかた校長:3ヵ月前(4月30日)にはSCHOOL OF LOCK! 教育委員会にも出演されて、ぶっちゃけトークを……(笑)。

Nakamura:そうですね、金の話しかしなかった……(笑)。

全員:(笑)。

さかた校長:本当におかんとおとんはさらけ出してくれますからね、僕たちも安心して身と心を委ねることができます(笑)。



――7月21日にニューアルバム『Momi』リリース

さかた校長:最っ高でしたよ。僕のなかのイメージで、NakamuraEmi先生は鋭く尖った激しい怒りだったり悔しさだったり……僕はどうしようもなく弱っているときだったり、立ち上がるとき、何かと闘うときにNakamuraEmi先生の曲を聴いて、心臓にグサっと刺さるような言葉や思いを受けて立ち上がっていたんですけど……。

Nakamura:はい。

さかた校長:今回のアルバムは……バスに乗って窓の外の景色を見ながら聴いていたんですけど、いつもNakamuraEmi先生の歌を聴いて流れる涙じゃなくて、気づいたら「やばいやばいやばい、泣いてるやん」みたいな。心臓に刺さるというよりも、僕の日常だったり生活している空間ごと抱きしめてくれたような気がして。めちゃくちゃ優しい……なんか涙の色が変わっていて。

Nakamura:へぇ~うれしい!

さかた校長:僕が一貫して感じたのは、立ち止まって深呼吸する必要さというか、毎日しんどいなか生き延びるための息継ぎの呼吸じゃなくて、ちゃんと自分を大切にする呼吸というか。それがバスの窓の景色と晴れている日常の全部と相まって、すげえ優しかったんですよ。

Nakamura:すごく嬉しい言葉をいっぱいいただきました、今。

さかた校長:足りないなぁ、もっと伝えたいんだけど。

こもり教頭:(笑)。思っているより、言葉が入っていたよ。

カワムラ:伝わりました。

こもり教頭:僕は聴かせてもらって……切羽詰まっているのって、自分では気づけないじゃないですか。心が苦しくなっているとか、今の世の中は情報が多すぎて、何が自分にとって必要な情報なのかわからなくなったりとか、ごちゃごちゃしている気持ちに気づかせてくれるというか。でもそれだけじゃなくてアッパーな曲もあるから、陽気にスキップしたり、自分に素直になってみてもいいんじゃないかな、みたいな感情にも素直になれるアルバムだと思いました。

Nakamura:ありがとうございます。

カワムラ:すごいなんか……こういうふうに(感想が)聞けるのいいですね(笑)。

Nakamura:泣かない? 大丈夫ですか?

カワムラ:聞いていると、ヤバいですね……(笑)。

Nakamura:グッとくるよね。作って良かったと思うよね?

カワムラ:本当に思います。うれしいです。

さかた校長:今回の感想は特に歌詞で感じたんですけど、Emi先生のなかで何か変わったんですか?

Nakamura:そうなんですよ。いままではある意味、聴いてくれる方よりも自分がこの曲を聴きながら闘っていく、という感じの曲が多かったんですけど……去年の3月4月は、初めて心と体を思いっきり休ませられた月だったんです。コロナ禍でストップしたからこそ。

こもり教頭:はい。

Nakamura:だからすごくリセットできて、新しいものがたくさん見えたんですけど。その反面、医療の方とか学生さんとかは当たり前にやっていた行事ができなくなっちゃって……そういう悲しい、つらい、と言う人がたくさんいて、そことの共通の言葉を探すようになって。だから言葉が……いままでは自分ばっかりだったけど、周りの人の心がたくさん入るような言葉選びになったというのが大きいです。

――ここで、アルバム収録曲の「drop by drop」をオンエア

さかた校長:この曲も生活に寄り添った……それこそ寝て起きて食事をして、という自分にとって本当に身近な感じの気持ちや心情を優しく歌ってくれて。本当に……沁みますわ。

Nakamura:ありがとうございます。

こもり教頭:コーヒーって、淹れるときに本当に「おいしくなれ」って思わないと、おいしくならないんですよ。

Nakamura:そうなの……?!(笑)。

さかた校長:コーヒー(にまつわる楽曲)になったら、急にコーヒー風を吹かせましたけど(笑)。教頭はコーヒーが好きなんですよ。

こもり教頭:だから、めっちゃ共感しました。



NakamuraEmiさんはニューアルバム『Momi』の発売を記念して、7月24日(土)20時からYouTubeで、カワムラヒロシさんとともに無料配信ライブを開催。25日(日)23時59分までアーカイブ視聴も可能で、Nakamuraさんは「何度でも楽しんでください」と話していました。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/