1/8スケールのミウラを自分で作る愉しみ|1回めに届くパーツは?

1966年のジュネーヴ・モーターショーで発表されたランボルギーニ ミウラは、当時販売されていたすべてのGTカーをたちまち時代遅れにしてしまうほど、センセーショナルなデビューを飾ったスーパースポーツカーだ。アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社から、毎号付属するパーツを組み立てると、柔らかで魅力的なボディラインに獣のごとき猛々しさを秘めたスーパースポーツカー「ランボルギーニ ミウラ P400S」の1/8スケール(全長55cm)が完成する『ランボルギーニ ミウラをつくる』を2021年8月25日(水)に創刊することがアナウンスされた。

【モデルの精巧なディテールや創刊号の中身をチェック!】(写真15点)

荒削りだった初代ミウラのチューンナップバージョンとして、1968年に発表されたのが「ミウラP400S」だ。本シリーズで組み立てるのは、その「ミウラP400S」の実車を徹底再現した1/8スケールモデル(全長55cm)。高品質な金属パーツが描き出す流麗なボディラインはもちろん、シート後方のV12型エンジンのメカニズムが堪能できるフロント/リアのフード開閉機構も実車同様に再現されている。金属製のボディ&シャシー、ステアリングで操舵可能な車輪、ドアの開閉、音と光のギミックなど、憧れのスーパーカーを手に入れた気分で楽しむことができる。

また、スポーツカーの歴史に革命を起こした稀代の名車”ミウラ”誕生とその開発の秘話を徹底解説したマガジンは必見だ。トラクター製造で成功者となったフェルッチオ・ランボルギーニが挑んだ究極のスポーツカー製作の道程、スポーツカーファン垂涎のヒストリカルな名車を多くの写真とともに紹介している。

『ランボルギーニ ミウラをつくる』
価格:創刊号特別価格299円(本体 272円+税)
   第2号以降通常価格1999円(本体 1817円+税)
発売日:2021年8月25日(水) ※地域によって発売日は異なります
販売場所:全国の書店・商品ウェブサイトで発売
刊行頻度:週刊
刊行号数:全100号
判型:285mm×220mm
商品サイト:https://www.hcj.jp/miura/p
商品に関するお問い合わせ
アシェット・コレクションズ・ジャパン(株)お客様サービスセンター0120-073-661

【読者プレゼント】
octane.jpのメールマガジン会員3名様に創刊号をプレゼントします。創刊号に付属するのはドアパネルやステアリング。応募方法は7月23日(金)配信のメールマガジンに詳しく記載いたします。メルマガ会員登録はこちらから。