オリジナルロボアニメ『境界戦機』10/4放送開始!第1話冒頭先行配信

BANDAI SPIRITSとSUNRISE BEYONDがタッグを組む、オリジナルロボットアニメーション作品『境界戦機』が、2021年10月4日(月)より順次放送・配信決定。放送に先駆けて、7月21日(水)より第1話冒頭スペシャル映像がBANDAI SPIRITS 公式YouTubeチャンネルにて先行配信となった。

『境界戦機』は、2061年、分割統治された日本が舞台。4つの世界主要経済圏によって支配され、日本は各経済圏が投入した人型特殊機動兵器 AMAIM(アメイン)が闊歩する世界の最前線となっている。そんなある日、機械好きの少年・アモウと自立思考型AI・ガイが出会ったことをきっかけに、日本を取り戻すための戦いに身を投じていく。

本作品の特徴的な映像展開として、地上波での放送に加え、YouTubeでのアーカイブ配信というハイブリッドな映像展開を実施。地上波でのリアルタイム視聴に加え、いつでもどこでも視聴できるYouTubeでのアーカイブ配信を同時期に展開、多様化した視聴環境に対応し、より多くの方に本作品を楽しんでもらうことを目指す。

10月4日(月)からの放送に先駆けて、7月21日(水)より本作第1話冒頭スペシャル映像の先行配信をスタート! 機械好きの少年「椎葉アモウ」と自律思考型 AI「ガイ」が出会うまでを描いた物語の冒頭にオープニング映像も加えた約11分のスペャル映像となっている。本映像で作品の世界観を感じながら、10月の放送をお楽しみに!

また、7月21日(水)発売の『月刊ホビージャパン 9月号』(ホビージャパン発刊)にて、『境界戦機』の外伝の物語 『境界戦機 フロストフラワー』の連載がスタート!
アニメ『境界戦機』とは異なるストーリーを臨場感あふれる多彩な作例と文章で展開する外伝に注目だ。

加えて、『境界戦機』に登場する「メイレスケンブ」「アメインゴースト」や、『境界戦機 フロストフラワー』に登場するメカ「メイレスビャクチ」など、工業デザインを意識しリアリティを突き詰めた可動域と、従来のロボットアニメの機体にはない機構を再現した『境界戦機』プラモデルシリーズも続々登場!
細部のラインまで修正を重ね形状を追求し、作品設定である全高約10mの1/1スケールの構造検証を経て、1/72 モデルで ”本物” を目指し立体化する。
こちらも合わせて要チェック!

>>>『境界線機』キービジュアルやキャラクタービジュアル、グッズイメージを見る(写真27点)

(C)2021 SUNRISE BEYOND INC.