人懐っこい笑顔を見せて声を弾ませることもあれば、大粒の涙を流すこともある。レース後に感情をあらわにする姿が印象的だ。東京2020パラリンピック日本代表の外山愛美。陸上競技400mで上位進出を狙うホープだが、外山が代表の座を掴むまでの道のりは決して平たんではなかった。それでも、コーチが伝え続けたのは、「陸上は人生を輝かせてくれる」ということ。練習拠点の宮崎で話を聞いた。

「延期」のニュースを聞いたときの気持ちを教えてください。

ショックが一番大きかったです。2020年に東京パラリンピックがあり、そこを目指してやっていたのに、「私は何で陸上競技をやっているのだろう」という気持ちになってしまいました。

再び走り出した理由は?

(東京パラリンピック出場枠を争う)ランキングは圏内の6位にいて、そのままいけばパラリンピックに出られるからです。やはり東京パラリンピックを目標にやってきたので……。

東京パラリンピックの延期により、一度は目標を失ったという外山

外山選手にとってパラリンピックはどんなものですか?

世界選手権よりも、さらに強い選手が現れ、レベルの高い中で競い合うのがパラリンピックです。実は、陸上を始めた当初、パラリンピックの存在は知りませんでした。でも、高校時代にパラの大会に参加するようになってから自然と出場したいと思うようになりました。

そして2021年5月、東京パラリンピック日本代表に内定。7月には正式に日本代表に。どんな気持ちでしたか?

内定の知らせはうれしかったけれど、正直なところ夢か現実かわからなかったです。本番が近づいてきて緊張しています。

――外山選手は宮崎で生まれ育った。知的障がいがあり、物事を記憶することが得意ではなく、他者を理解することも難しい。中学時代に陸上競技を始め、高校でパラ陸上と出会うが、その障がいゆえ毎日の反復練習が苦手だ。事実、練習中には、なかなか笑顔が見られない。

400m種目の魅力は何ですか?

中学のとき、初めて400mを走って「こんなにきつい競技はない!」と感じました(笑) 400mの適性ですか? 自分ではわからないんです。一番好きなのは(非パラリンピック種目の)800mかもしれません。

物事の記憶や計算が得意ではないという外山を指導するため、コーチも工夫を凝らしている

陸上競技をしていて楽しいのはどんなときですか?

遠征や合宿です。飛行機に乗って景色を眺めたり、おいしいものを食べたりすることが毎日の原動力になっています。

これまで試合で訪れた場所で印象に残っているのは?

パリがお気に入りです。食事はパンを中心にいろいろあっておいしかったですね。建物も美しかったので記憶に残っています。

宮崎を拠点にする外山。好きな食べ物は唐揚げだが、大会前は揚げ物を控えているという

最も印象に残っているレースを教えてください。

2019年10月にオーストラリアのブリスベンで行われたINASグローバルゲームスです。59秒42の自己ベスト(日本新記録)を出すことができたからです。実は、出発前にプライベートでいろいろあって、イライラしていたんです。そのイライラをレースにぶつけたというか……スタートに立ったら、逆に自分のことに集中できたんです。

――コロナ禍で一度は目標を失い、筋肉量も落ちてしまった外山選手。どのようなトレーニングをして本番に備えているのだろうか。

練習前は、奥松コーチがコラージュした遠征時の写真や言葉でやる気を刺激

練習環境を教えてください。

フルタイムで働いているので、平日は公園などで朝練を行い、その後、職場に直行しています。夕方は、(日本知的障がい者陸上競技連盟理事長でもあるコーチの)奥松美恵子先生が勤める、県立みなみのかぜ支援学校の運動場などでスピード強化の練習などを行っています。

二人三脚で歩んでいるコーチはどんな存在ですか?

コーチはお母さんみたいな存在です。私は同じことを何回も質問してしまったり、話してしまったりするのですが、いつも質問に答えてくれるし、話を聞いてくれます。

現在、重点的に取り組んでいることは?

もともと筋力が足りないので、苦手な筋力トレーニングをがんばっています。ゴムチューブを使って、美しいフォームを維持するために、腸腰筋、内転筋、中殿筋を鍛えています。

課題はどんなところですか?

コロナ以前は、トレーニングの成果で太ももが大きくなった実感を得られていたのですが、今は痩せて体重も落ちてしまいました。奥松先生やグループホームの世話人の方からは、規則正しく食事をとるように言われています。

東京パラリンピックの目標を聞かせてください。

400mのレースでは、(55秒99の世界記録を持つ)アメリカ選手と同じ組で走れたら、その背中に食らいついていこうと思います。ラスト100mは、なんといってもあきらめない気持ちが大事です。現在の自己ベストを上回る59秒37を出したいです。

素敵な人になるための陸上競技。「東京パラリンピック出場を機に自立できることが増えれば」と奥松コーチは願っている

text by Asuka Senaga
photo by Hiroaki Yoda