RX87専用に開発された2ローターエンジンとは?| 1969年式 マツダ ルーチェ ロータリークーペ デラックス Vol.2

日本初となる三角窓がないハードトップボディ 【 1969年式 マツダ ルーチェ ロータリークーペ デラックス Vol.2】

【1】から続く

 翌1968年の「第15回東京モーターショー」の会場にもRX87は出展された。その際、日本初となる三角窓がないハードトップボディに注目が集まった。そして、ほぼそのままのスタイルで1969年10月に発売を開始。スーパーデラックスが175万円、デラックスが145万円の2グレードが設定された。

 搭載されたエンジンは、RX87専用に開発された2ローターの13A型。コスモスポーツやファミリアロータリーに搭載された10A型より、ローターの外径、ハウジングの内径が大きく、排気量は655cc×2となり、最高出力126ps、最大トルク17.5kg‐mを発揮。しかも、マツダ車としては初となる前輪駆動を採用しているのも大きなポイント。現在にいたるまで、マツダの前輪駆動のロータリーエンジン搭載車は発表されておらず、はからずも、このルーチェロータリークーペが最初で最後のFFロータリーとなっているのだ。

「RX87」のエンブレムが装着されたドア後方など【写真23枚】

【3】に続く

1969年式 マツダ ルーチェ ロータリークーペ デラックス(M13R)

SPECIFICATIONS 諸元

全長 4585mm

全幅 1635mm

全高 1385mm

ホイールベース 2580mm

トレッド前/後 1330/1325mm

最低地上高 185mm

室内長 1605mm

室内幅 1355mm

室内高 1095mm

車両重量 1185kg

乗車定員 5名

最高速度 190km/h

登坂能力 29°16′

最小回転半径 5.3m

エンジン型 13A型

エンジン種類 2ローターロータリー

総排気量 655×2cc

圧縮比 9.1:1

最高出力 126ps/6000rpm

最大トルク 17.5kg-m/3500rpm

変速比 1速 3.727/2速 2.176/3速 1.391/4速 1.037/後退 3.727

最終減速比 3.900

燃料タンク容量 65L

ステアリング形式 ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ダブルウイッシュボーン・トーションラバー)/セミトレーリングアーム(コイルスプリング)

ブレーキ前/後ディスク リーディング&トレーリング

タイヤ前後とも 165HR15

発売当時価格 145万円