佐久間宣行さん

自分の好きな番組を、好きな時、好きな場所、好きなデバイス(PC、スマホ、タブレット)で自由に視聴できる民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」。見逃したドラマや、もう一度見たいバラエティなど、番組放送終了後から約7日間無料で見放題ということもあり、多くの人に利用されています。

そんなTVerで「利便性が高い!」と注目されているのが「マイリスト機能」です。番組アイコン上にあるハートマークをタップorクリックするだけで、自身のお気に入り番組が登録されてリスト化。最新回が「配信中」欄に表示されるため、見逃しを防ぎます。また、途中で視聴をやめた番組も「視聴中」欄から閲覧可能、さらに番組ページに掲載されている好きな出演者をマイリスト登録(ハートマークを押す)しておけば、「番組情報」にその出演者が出演している番組が表示されるなど、「マイリスト機能」を駆使すれば、便利にTVerを使いこなすことができるのです。

本インタビュー連載では、日ごろからTVerを利用している著名人の「マイリスト」を見せてもらい、どんな番組を楽しんでいるのか、見どころや評価のポイントを尋ねます。

記念すべき第1回目はテレビプロデューサーの佐久間宣行さん。1999年にテレビ東京に入社後、番組の演出家・プロデューサーとして『ゴッドタン』『あちこちオードリー』『考えすぎちゃん』(Paravi)などを担当、さらには『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)でラジオパーソナリティにも挑戦し、話題を集めました。今年4月には同社を退社。フリーランスとなると、『ハライチのYAMi』(smash.)や、7月にはYouTubeで新チャンネル『佐久間宣行のnobrock TV』を立ち上げるなど、多方面で活躍しています。

自身のSNSでは、テレビ、映画、舞台と、さまざまなコンテンツを視聴していると明かしている佐久間さん。そんな彼の「マイリスト」には、どんな番組が登録されているのでしょうか? 佐久間さんならではの目線でTVerを語っていただくのはもちろん、仕事への信念や、担当する番組への思いについても迫りました。

<佐久間さんの主なマイリスト一覧>

■『有吉の壁』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)

【佐久間さんコメント】

■『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(中京テレビ、毎週月曜深夜/日本テレビ、毎週木曜深夜)

【佐久間さんコメント】

■『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ、毎週金曜23:17~)

【佐久間さんコメント】

■『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週日曜22:25~)

【佐久間さんコメント】

■『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)

【佐久間さんコメント】

■『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)

【佐久間さんコメント】

――基本的にどういうときにマイリストを使っていらっしゃいますか?

そのときに放送されている見たいドラマや、TVerでやっている過去の名作ドラマ特集に入っている作品を登録することが多いです。でも、ドラマの場合は、ランキングに上がってくることが多いので、そこからクリックして見る場合が多いです。マイリストに入れているのは、ランキングに上がってこなさそうだけど、僕が好きな番組(笑)。逆に、人気のバラエティで、TVerのランキングに上がってきそうな番組は、マイリストに入れなくても、TVerをのぞけば出てくるなとも思いますね。

――マイリストに登録した番組を外すことはありますか?

マイリストは数を絞っておきたいんです。YouTubeのチャンネル登録やTwitterのフォローもそういうタイプで、ある程度に収めておかないと把握できないタイプで……。マイリストも同じく、厳選して入れ替えたいので外します。自分のキャパがあって、それを超えると“もう無理だな”というのが、なんとなくあるんです。

――マイリストに挙げていただいた『探偵!ナイトスクープ』や『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』など、普段見られない地方制作の番組も、TVerで見られる特権がありますよね。

そうですね。マイリストに登録しているわけではないですけど『ウラマヨ!』(関西テレビ/ブラックマヨネーズMCの番組)とかは見るかな。話題になった回はすぐに見られるのでいいかなと思います。

――そのほか気になる番組はございますか?

最近、TVerで『水曜日のダウンタウン』(TBS系)を見られるようになったのは嬉しいです。あと、単純に自分の番組を見返すときにTVerの方が楽なんです(笑)。『あちこちオードリー』をオンエアしたあと、感想を見ていて“そういうふうに受け取られているんだ”って思ったとき、TVerだと楽に見返せるんです。

――TVerでほかの番組を見る際、制作目線を持たれることはあるんですか?

まったくないです。僕の欲がないところかもしれないですけど、他人の番組を見て、勉強する気はさらさらなくて、本当に番組が好きで見ているだけなんです。“だから自分の番組に成長がないんじゃないか”って思います(笑)。

――佐久間さんは、TVerを含むコンテンツを移動時間などを駆使してご覧になっていると聞いたことがあります。

最近はリモートが増えたので、宿題がなければ、合間にパソコンで見ることはあります。あと、よっぽど追い込まれていない限りは、夜中の12時か1時で仕事を打ち切るようにしていて、(テレビや映画などを)3時まで見るって決めているんです。

収録やロケがあるときは別ですけど、会議は10時からしか入れないので、3時か4時の間に寝ると、6時間は眠れるからいいやって。だから、午前中は対面の会議を入れないようにしています(笑)。

(スケジュールとしては)9時半に起きて準備して、10時から会議して、お昼ご飯を挟んで外の仕事に行くという感じです。そういうのもあって、フリーになってもマネージメントを入れてないんです。なぜなら、勝手に仕事を入れられるから(笑)。だって「どうしても見たい映画があるから仕事したくない!」って言えないじゃないですか。公開が終わってしまう映画があったら仕事は入れたくないですから。