クラウドファンディング「CAMPFIRE」、ネットショップ作成「BASE」アカウントでの簡易ログインが可能に

CAMPFIREは7月6日、クラウドファンディング「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」において、BASEが運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」とアカウント情報を連携し、「BASE」アカウントから「CAMPFIRE」アカウントへ簡易ログインが可能となる新機能「CAMPFIRE連携 App」の提供を開始した。これにより「BASE」を利用するショップオーナーは、「CAMPFIRE」で登録の手続きをせずに、既存のアカウントを使ってクラウドファンディングプロジェクトを作成することが可能となる。「BASE」加盟店が「CAMPFIRE」でクラウドファンディングを実施するハードルを下げ、新たな挑戦をサポートする。

クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」とネットショップ作成サービス「BASE」の連携により提供を開始した「CAMPFIRE連携 App」は、両サービスのアカウント情報を連携できる新機能。「BASE」加盟店は、拡張機能を提供する「BASE Apps」から入手することができる。

アカウント情報を連携することで、「BASE」加盟店は、「CAMPFIRE」の新規登録の際に生じる情報入力の手間を省き、クラウドファンディングのプロジェクトの作成・公開が可能となった。また、今後、「BASE」加盟店の商品情報等を「CAMPFIRE」のプロジェクトページ上に露出させることができる機能の追加など予定しているという。

CAMPFIREとBASEは、両社の顧客に提供する価値の最大化を目的に、2020年11月13日に資本業務提携の締結を発表。サービスの垣根を超えてシームレスに相互利用できる体制構築や機能開発を両社で進めてきた。「BASE」を利用している個人やスモールチームは、既存の金融機関等の利用が難しく、資金調達の手段が限られている。クラウドファンディングは、既存の顧客(ファン)向けに限らず、新規の顧客(ファン)の獲得も見越しており、資金調達、集客・販促、ECを通じた継続的な販売活動の循環の構築が可能であるとし、まずは「BASE」加盟店が「CAMPFIRE」でクラウドファンディングを実施するハードルを下げ、多くの「BASE」加盟店が新商品開発やイベント開催など、新たな挑戦ができるよう機能面でサポートしたいとの考えから、本機能の提供開始に至ったとしている。

「CAMPFIRE」と「BASE」は、「CAMPFIRE連携 App」の提供開始に伴い、同機能の利用方法やネットショップオーナーにおすすめのクラウドファンディング活用方法、実際の利用者事例などを紹介する共同セミナーを開催する。第1弾として、7月16日はネット販売時の両社サービスの活用法。8月25日にはアクセサリー、生鮮食品(精肉)でのクラウドファンディング、ネットショップ利用経験のある事業者をゲストに迎えたセミナーを予定しており、「CAMPFIRE」サイトでの申し込み受付を開始している。

両社は今後も連携を通じ、「CAMPFIRE」「BASE」両サービスのオーナーに提供する価値の最大化に取り組んでいくとしている。