會澤不在の現在も含め、次世代の扇の要は誰に…?

◆ 解説者が挙げた正捕手の最有力候補は…?

 広島は本拠地でヤクルトを相手に同一カード3連敗。先発の高橋昂也がなんとか6回3失点で粘投したものの、この日は打線が6安打1得点止まりで、借金が今季ワーストを更新する「15」に膨らんだ。

 24日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』では、番組MCを務める高木豊氏が「個人的な意見だけど、扇の要をコロコロ替えるのがスキじゃなくて…」と、解説陣に低迷する広島の捕手起用についてコメントを求めた。

 今季の広島は會澤翼が最多24試合でスタメンマスクを被っているものの、故障離脱の影響などもあって複数の捕手を続々と起用。坂倉将吾がチーム2番目に多い23試合で先発マスクを託されているが、今季は大卒2年目・石原貴規の出場機会も増加。このカードは第1戦から順に石原・坂倉・石原と2人の捕手を併用し、3戦目に関しては坂倉を「5番・一塁」、中村奨成を「7番・左翼」でスタメン起用し、合計3人の“捕手”がスタメンに名を連ねていた。

 同番組にスタジオ出演した谷繁元信氏は「色々と変わっているのもそうですけど、違うポジションを守らせるじゃないですか。僕はその点がみんな不安なんじゃないかな」と、坂倉と中村奨を野手としても同等に起用する采配を疑問視。「プランと言うか、そういうものを感じられない。結局、その場しのぎというか…。いましのいでる、そう感じる」と、中長期的にみたプラン不足を指摘した。

 同番組に電話出演した平松政次氏は「バッティングも総合的に見て坂倉がナンバーワン。一塁で使ったり打撃を買っているわけだから、坂倉を育てていかなきゃいけないと思う。會澤もある程度年齢がきてるし、今後は坂倉を中心にしたほうがチームがまとまるんじゃないかな」と持論を展開。正捕手候補については谷繁氏も「トータル的に現状では坂倉だと思う」と同調した。

 25日の予告先発として発表されている玉村昇悟は、4月29日のプロデビュー戦から2試合続けて石原と組んでいたが、直近3試合はいずれも坂倉とバッテリーを形成。連敗ストップのマスクを託されるのは一体誰になるのか…。この試合だけにとどまらず、シーズンを通して広島の捕手運用には注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』