TWICEが語る、楽曲の進化とグループの成熟「私たちは大きく成長しました」

5~6年前に韓国の新人賞を総なめにしてからというもの、TWICEは着実に進歩を続け、いまや世界的にもNo.1ガールグループとして成功を収めている。そしてこの夏、ラテン風のボサノヴァ・トラック「Alcohol-Free」を収録した10枚目のミニアルバム『Taste of Love』を引っ提げて、この9人組が再びシーンに戻ってきた。

TWICEといえば、かつては軽快なポップにキュートなダンス、そして青春の恋心を歌った歌詞がウリだった。あれから彼女たちもグループとして成長し、幅広いサウンドを駆使して、以前よりもダークで成熟した感情やテーマを表現するようになった。新作をリリースするたびに音楽への多面的なアプローチと新たな魅力を見せつけてきたが、「Alcohol-Free」もまた例外ではない。音楽生活も6年目に突入し、TWICEのメンバーは作曲だけでなくミュージックビデオや写真撮影など、これまで以上に制作行程にも関わるようになった。

さる4月、ローリングストーン誌は韓国のソウルから南へ50マイルほど行った閑静な安城市で、ナヨン、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィと対面。伝統的な韓国家屋で『Taste of Love』について語りながら、TWICEがこの6年間でいかに成長したかを振り返ってもらった。

【動画・写真を見る】TWICE、ローリングストーン誌による撮り下ろし写真&コメント



ーTWICEはずっと実験的に様々なジャンルに挑戦してきましたが、最近の楽曲にはグループの成熟した一面が現れています。こうしたコンセプトの変化をどう感じていますか?

ナヨン:自分たちだけでなく、ファンの皆さんも私たちのこれまでの進化を楽しんでご覧いただけたんじゃないかと思います。私たちにとっても、様々なルックやコンセプトの準備をするのはワクワクします。

モモ:成熟したコンセプトをやるようになったのは去年からですね。最初のころの陽気で楽しいコンセプトとはまるで違います。ぜひこれからも両方のコンセプトを代わる代わる続けていきたいですね。

ナヨン:その通りです。両方のコンセプトを実行するのが私たちの強みになると思います。

サナ:最近とあるファンが、私たちが以前「What Is Love?」という曲をリリースしたことについて投稿していたんです。”愛はキャンディみたいにスイートじゃなくちゃダメ”という曲ですが、そのファンは、『Taste of Love』という作品をリリースしたということは、私たちも愛がどういうものか理解したに違いない、と書いていました。それを読んで、自分たちは常に進化してきたんだな、と実感しました。

ー今までのコンセプトで特に好きなものはありますか? あるいは、これからトライしてみたいコンセプトは?

ツウィ:今まで幅広いコンセプトをやってきたことが気に入っています。これからも新しいコンセプトに挑戦し続けていきたいですね。正直、私はどれも全部好きです。

ミナ:個人的には「Cry for Me」が好きでした。それまでの方向性とはほぼ正反対でしたね。まったく新しいことに挑戦できたので、心に残っています。

ーみなさんにとって、今回のアルバムが特別な理由は何でしょう?

ジヒョ:個人的には「Dance the Night Away」がすごく気に入っていて、またサマーソングを届けられるのが嬉しいです。私にとってもすごく特別なアルバムです。

ダヒョン:この前にリリースした「Cry for Me」と「I Cant Stop Me」はダークな雰囲気でしたが、今回のニューアルバムは今の季節にぴったりな、夏らしいアルバムです。ファンの皆さんも気に入ると思いますよ。もちろん、メンバーもものすごくワクワクしています。

「Alcohol-Free」を大いに語る

ー「Alcohol-Free」と『Taste of Love』について詳しく教えていただけますか?

チェヨン:「Alcohol-Free」はプロデューサーのJ.Y. Parkさんが私たちのために書いた曲で、お酒が登場する曲はこれが初めてです。お酒なんか飲まなくても愛に酔うことができるでしょ、という歌です。「Dance the Night」と同じサマーソングですが、あのころと比べるとずっと成長したと思います。なので、ファンの皆さんの反応が気になりますね。「Alcohol-Free」のダンスも最高なんですよ。



ーしばしばファンは曲ごとに一番目立つメンバーをピックアップしますが、「Alcohol-Free」ではグループで誰が一番輝いていると思いますか?

ナヨン:今回のプロモーション用の衣装はジヒョにすごく似合っていると思います。ジヒョはいつも夏になると日焼けするんですが、彼女の健康的な肌の色が季節に合っていますよね。「Alcohol-Free」のコンセプトは夏らしいだけじゃなく、南米の文化からもヒントを得て、鮮やかな色を取り入れているので、ジヒョにはすごくぴったりだと思います。

ダヒョン:チェヨンの新しい髪型にも注目してほしいです。撮影中、すごく素敵だな、ミュージックビデオの雰囲気と合ってるなって思っていたんですよ。今はちょっと傷んでますが(笑)MVではすごく素敵で、鮮やかですよ。

ーMVのなかでとくに気に入っているシーンはありますか?

ナヨン:たくさんありますが、済州島での撮影では日中、夕暮れ時、夜とそれぞれ撮影しました。同じ場所を違う時間帯ごとに見せるというシーンがとても印象に残っています。花火をバックにした撮影もしました。

モモ:ナヨンが登場するシーンと私が出てくる予告編のセットが好きでしたね。ソウルで撮影したんですが、まるで本当にキューバみたいでした。あのセットに関しては私もアイデアや指示を出したんですが、私のアイデアが採用されました。

ー「Alcohol-Free」にはワインやカクテルの名前も出てきますが、皆さんの好きなドリンクは何ですか?

ナヨン:私はカフェに行ったら、ノンアルコール・モヒートをオーダーします。なにしろ「アルコールフリー」ですから。実をいうと、歌詞に出てくるドリンクはミモザとかピニャコラーダとか、今まで飲んだことがないものばかりだったんです。

ジヒョ:そういうドリンクにトライするコンテンツを撮影したら面白そうですね。

モモ:私もミモザは飲んだことがなかったんですが、この曲でミモザを知ってから、メニューに載っているのを見てサナと試してみました。すごく美味しかったです!

ーアメリカではミモザはブランチの定番なんですよ。

ナヨン:ぜひともミモザにトライするコンテンツを撮影したいですね(笑)。

アルバム制作秘話、ファッションについて

ー6曲収録の『Taste of Love』の中で、タイトルトラック以外で好きな曲は何ですか? その理由は?

ジョンヨン:私は「Baby Blue Love」ですね。ビートがエキサイティングで、TWICEの陽気な面が伺えるからです。

モモ:ダヒョンが作曲に関わった「Scandal」ですね。メンバーが参加した曲がいくつかあるので、探してみてください。

ー今回のアルバムの制作で、印象に残っている出来事はありますか?

ダヒョン:そうですね……約1年ぶりに空港に行きました。仕事とはいえ、済州島の浜辺で海風を感じられたのは気持ちよかったです。リフレッシュできましたし、楽しく撮影できました。

ツウィ:J.Y. Parkさんが最初にこの曲を聞かせてくれたとき、すごく嬉しそうに曲に合わせて踊っていました。それがすごく印象的で、面白かったです。

ナヨン:それと彼からは、もっと南米のフィーリングで歌ってくれ、と言われました。いつもよりたくさん注文が飛んできて、もっと南米料理を食べてインスピレーションを受けてこい、とも言われました(笑)。

この投稿をInstagramで見る TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿
ー世界中のファンはK-POPのファッションに興味津々です。TWICEのファッションセンスも独特ですよね。今後『Taste of Love』ではファンにどんな衣装を見せてくれますか?

チェヨン:色鮮やかで、派手な柄のスカーフを使って衣装を作りました。ファンの皆さんも、こうしたスカーフの使い方を見てヒントを得られると思いますよ。

ナヨン:スタイリストさんたちがいろんなスカーフを集めてきて、それを着られるようにしてくれました。中には全部スカーフでできている衣装もあるんですよ。すごく斬新だなと思いました。

ープライベートのファッションはどんな感じですか? ステージ上とはどのぐらい違いますか?

サナ:ステージではよくショートスカートとかショートパンツとか、かなりタイトなものを身に着けています。なので私はステージ以外では、着心地のいい服に惹かれます。ワイドパンツやジーンズを好んで履いていますね。

ジヒョ:私の場合は、体型的にオーバーサイズの服やだぼっとした服は似合わないので、ふだんからタイトな服を着ています。必ずしもステージの衣装と同じじゃありませんが、ステージ衣装の方が断然バラエティに富んでいます。

ナヨン:ジヒョはプライベートのほうがずっとフェミニンだと思います。

TikTokへの取り組み、お気に入りの曲

ー最近TWICEはトレンドにのって積極的にTikTokを活用していますね。どんな動画を撮るかはどうやって決めているのでしょう? これまでの作品でお気に入りはありますか?

ナヨン:私たちのマーケティングチームが面白いアイデアを持ってくるんです(笑)。実際にお手本を作って、こういうのが流行っているんだよと私たちに見せてくれるので、それに合わせて撮影します。クリスマスに撮影したものは楽しかったですね。

ダヒョン:面白いものはたくさんありますが、最近の「Oh No」は特に面白かったですね。ナヨンが間違って上司にショートメッセージを送ってしまうというものです。

ナヨン:実をいうと、あれは状況がよくわからないまま撮影したんですよね。方向性がちゃんとわかっていたら、もっと本気で取り組んだんですけれど。

ダヒョン:BGMとすごく合っていて、大笑いしました。

ジヒョ:私たちTikTokでも人気なんですか?

ーええ、しょっちゅう見かけますよ。好評だと思います。

サナ:本当? 知りませんでした(笑)。

ジヒョ:私たちみんなジョークを飛ばしたり、ふざけたりするのが大好きなんです。ばかなことをするのも怖くないので、まだまだいろんなことができそうですね。

ナヨン:TikTokではかわいらしく笑うだけじゃなく、もっと臨機応変に面白い動画を作っていきたいですね。

ー最近はどんな曲を聞いていますか?

ジヒョ:ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークが(シルク・ソニック名義で)最近リリースした曲がすごく好きです。

ナヨン:私はThe Black Skirtsのニューアルバムが気に入っています。

ジョンヨン:私はポスト・マローンの「Circles」が好きですね。





ONCEへの想い、グループの成長

ーこれまでは頻繁に海外を回って世界各地のファンに会っていましたが、パンデミックでそれもできなくなりました。再びファンに対面できると気がきたら、何が一番楽しみですか?

ミナ:対面式のコンサートが待ち遠しいですね。安全な状況になったらすぐにでも皆さんと直接お目にかかりたいです。

モモ:対面式でパフォーマンスできるようになったら、ファンの皆さんの声援を聞くのが楽しみです。

ーこの1年のオンラインコンサートやバーチャル・ファンイベントを振り返って、とくに思い出に残っていることはありますか?

ナヨン:以前はファンイベントといえば、ファンが私たちのところにやって来るという形でしたが、オンラインでのファンイベントでは私たちのほうが皆さんのお宅にお邪魔するという感じですね。ファンの皆さんのお部屋やペットや職場などを見せていただけるのは最高です。皆さんのお部屋を拝見すると、私たちのグッズや写真を飾っている人が大勢いることがわかって、すごく感激しました。話には聞いていましたが、実際に自分の目で見るのは新鮮で、楽しい経験でした。

ーTWICEはこの1年大忙しで、この夏もスケジュールが詰まっています。自由時間にはどんなことをして過ごしたいですか?

ジヒョ:サーフィンを習いたいですね。去年は台風とパンデミックで1回しかトライできなかったので、今年はもっと習えたらと思っています。

ナヨン:ここのところ天気がすごくいいので、犬たちを連れて長い散歩に行きたいです。

サナ:私は乗馬をやりたいですね。実は動物アレルギーで、とくに馬はダメなんですが、それでも挑戦してみたいんです。

ーTWICEがデビューしてもう6年が経ちます。自分たちの変化や成長ぶりをどう思いますか?

チェヨン:見方によっては長かったような気もしますし、短かったようにも感じます。とくに去年はあっという間でしたね。自分たちの変化に関していえば、今ではメンバー同士家族のような感じだと思います。全部言わなくてもお互いのことが理解できますし、新作への取り組み方も変わってきましたね。以前よりも自分たちの意見やフィードバックを取り入れてもらえるようになったおかげで、プロジェクトのたびに情熱を注ぐことができていると思います。

ツウィ:私はステージで前よりもリラックスして、楽しめるようになったと思います。デビューしたてのころは、感情を表に出したりコミュニケーションをとるのに苦労していましたが、今ではファンのみなさんとできるだけ交流して、心を開くようにしています。

ジヒョ:その通りですね。私たちは大きく成長しました。

From Rolling Stone US.


>>>本文に戻る


この投稿をInstagramで見る Rolling Stone(@rollingstone)がシェアした投稿
>>>本文に戻る