猪塚健太

猪塚健太が、7月4日(日)から放送スタートの日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、毎週日曜21:00~ ※初回は25分拡大SP)に出演することが決定。TOKYO MERの活動をサポートする危機管理対策室のメンバーとしてレギュラー出演する。

主演・鈴木亮平のほか、賀来賢人、中条あやみ、要潤、菜々緒、仲里依紗、石田ゆり子らが出演し、救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く本作。猪塚が演じるのは、TOKYO MERの活動をサポートする東京都・危機管理対策室のメンバー・目黒大知(めぐろだいち)。 TOKYO MERが出動した際に、現場で救命活動をするチームに危機管理対策室室長の指示のもと正確な情報を伝えTOKYO MERの活動をサポートする。

映画『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』で主演を務め、テレビドラマ『今日から俺は!!』『高嶺のハナさん』など話題作への出演が続く猪塚は、コメディから二枚目と幅広い役どころを演じ、映像・舞台とマルチに活躍をしている。先日発表になったドラマ『結婚できないにはワケがある。』のスピンオフドラマに続き、TBSの日曜劇場への出演が発表された。日曜劇場への出演は今回が初となる。

<猪塚健太 コメント>
出演が決定したときには憧れの日曜劇場に出演できるということが本当に嬉しくて、日頃から応援してくださっている皆様に早く伝えたくてうずうずしておりました! 僕が演じる目黒が属す危機管理対策室は、一分一秒が人の命に関わる現場のため、いち早く情報を集め、緊迫感をもって指示を的確に伝える、というとても大切な役割を担っています。 TOKYO MERのメンバーを裏で支える1人として、大切に言葉を伝えていきたいと思います。 毎話毎話スケールも大きく、チームが一丸となり命がけで人を救う姿にとても胸が熱くなる物語を是非皆様に楽しんでいただけたらと思います。