巨人の坂本勇人(C)Kyodo News

○ 巨人 4 - 2 DeNA ●
<10回戦・富山>

 巨人のキャプテン・坂本勇人が、攻守に躍動した。

 まずは守備。0-0の2回一死走者なしから山本祐大が放った三遊間の当たりを逆シングルで捕球し、一塁へワンバウンドで送球しアウトにした。

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「難しい打球ですけど、捕ってから落ち着いていますよね。慌てて投げないで、軽く投げてきっちりとワンバウンド。このあたりの冷静さと落ち着きですよね」と絶賛した。

 打っては、0-0の2回無死二塁からDeNAの先発・今永昇太が投じたチェンジアップをレフトへ運ぶ適時二塁打。野村氏は「難しいボールでしたけど、坂本勇人ならではのバッティングコントロール。見逃せばワンバウンドになるようなボールなんですけど、うまくすくい上げてボールの芯でとらえましたね。ナイスバッティングでした」と褒めていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)