元宝塚歌劇団花組トップスター・明日海りおの初冠番組『明日海りおのアトリエ』(全8回/毎週土曜1エピソードずつ配信)の第5回「身体を整えるといわれる薬膳」が配信中。「身体は食べてるもので出来ている。最近、薬膳に興味があります」という明日海が、プロの先生から「薬膳の基礎知識」や、それぞれ「美容」「冷え」「睡眠改善」にいいとされる「薬膳茶」3種を紹介してもらうほか、「薬膳料理の作り方」も教わっていく。

明日海本人に直撃したところ、もともと「身体に気を使う中、薬膳には興味があって、調子が悪い時に漢方薬を飲んだりはしていたんです」との答えが。ただ、薬膳料理となると敷居の高さを感じていたのだそう。「特別なスパイスや食材を買わないと、作れないものだと思い込んでいたんです。そんなこともあって、せっかくだから番組で挑戦してみようと思ったんですけど、いざふたを開けてみたらビックリしました!」と明日海。彼女が驚いた理由とは……実は「薬膳料理は身近な食材を使って作れる」ということ。今回もインゲン、ニンジン、キャベツ、タイなど馴染み深い食材をメインで使い、「薬膳バーニャカウダ」と「中華風蒸し魚」作りに挑戦する。しかも、これが「最高に美味しかった!」とのこと。収録後、明日海は「特に薬膳バーニャカウダのソースが、簡単に作れる上に、本当に美味しくて! 近々、家でも作りたいと思います」と、すっかり薬膳料理のとりこに。

同番組でもたびたび、食に対する高い意識&強い好奇心を感じさせる明日海。その原点はどこにあるのか、収録後に尋ねてみると、起点はほかでもない、実家の豊かな食生活にあったよう。「実家では、家族みんなが食べるものだから……と高い肥料を使って野菜を育て、とれたてのものを使った料理を母が作ってくれていたんです。だから『美味しいものを食べたい!』という気持ちがすごく強くて。学校でもお昼のお弁当を楽しみに頑張っていたし、家に帰る時も一番の楽しみは晩ごはんでした(笑)」と明日海。『どうせ食べるなら『美味しかった! お腹いっぱい食べた! 幸せ!』と思えるまで、いろんなものをたっぷり味わいたいな、と思うんです」と、愛らしい食いしん坊の顔をのぞかせる。

もちろん、今回の薬膳も胸躍る出会いだったようで「自分で作った薬膳料理を食べた直後は、心も身体もすごく元気になった気がしました。皆さんもぜひ、おうちで試してみてください」とコメントしている。

<第5回「身体を整えるといわれる薬膳」>
普段からちょっとした時間があれば、ストレッチやマッサージをして体のケアをしているという明日海。食事にも気をつけているという彼女は、今「薬膳」に興味があるという。そこでこの日はアトリエに先生を招き、薬膳について教えてもらうことに。まずは香りや見た目に癒されながら、それぞえ「美容」「冷え」「睡眠改善」にいいといわれる3種類の薬膳茶を味わう。さらに食事にも薬膳を取り入れることができると知った明日海は、手軽に手に入る身近な食材を使った「薬膳バーニャカウダ」と「中華風蒸し魚」作りにも挑戦する。
※薬膳の解釈は諸説あります。