昭和を飾ったウルトラマンシリーズ全66曲デジタル配信開始!

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送開始55周年を記念して、昭和を飾ったウルトラマンシリーズの全66曲がサブスクを含めデジタル配信を開始した。

1966年に放送を開始し、伝説の始まりとなった『ウルトラQ』と『ウルトラマン』。『ウルトラQ』は昭和41年、米国の『トワイライトゾーン』などをヒントに1話完結型のSFドラマとして製作し、独特の怪獣路線を融合させ子どもたちを虜にした ”空想特撮シリーズ” 。
映画『ゴジラ』の特撮監督として世界的に名を轟かせた円谷英二の構想の下スタートしたTV番組企画で、円谷プロ、東宝、TBSの3社がトライアングルを組んだ国内初の特撮テレビ映画。最高視聴率36.4%、平均視聴率32.39%を記録。日本全土に空前の怪獣ブームを引き起こした。

そして今年、2021年は『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送開始から55周年! それを記念し、当時社会現象ともいえる人気を誇った『ウルトラセブン』から80年代の到来を高らかに告げた『ウルトラマン80』、さらには映画の主題歌や企画作品まで、ウルトラマンシリーズのレジェンド・ソング66曲がサブスクを含めついにデジタル配信を開始した!

『ウルトラQ』の緊張感漂うテーマ曲にはじまり、イントロのファンファーレから胸が躍る「ウルトラマンの歌」、「ウルトラセブンのうた」、阿久悠による詞が胸熱な「ウルトラマンタロウ」、「ウルトラマンレオ」、「ザ・ウルトラマン」など、懐かしく、改めて聴き直したい曲が満載。

正義とは? 愛とは? 勇気とは? これを聴きながら自分に問い直してみるのも一興だろう。

なお、今後もウルトラマン関連音楽のデジタル配信が続々と登場する予定。今後の展開にも乞うご期待!

(C)円谷プロ