ヤクルト・村上宗隆

◆ 侍内定も監督視察試合で負傷交代

 東京五輪への出場が内定しているヤクルトの村上宗隆選手(21)は23日、マツダスタジアムで行われた広島戦に「4番・三塁」で先発出場するも、自打球を右膝付近に受け途中交代した。

 3点リードの4回二死二塁の場面、カウント2-2から相手先発の九里亜蓮が投じた内角のカットボールを振り抜くも、この打球が右膝付近に直撃。しばらく立ち上がることができず、間をおいて戻った打席は見逃し三振に倒れた。

 この日は侍ジャパンの稲葉篤紀監督ら代表スタッフが視察に訪れていたが、直後の4回裏の守備にはつかず宮本丈と交代。リーグトップの21本塁打を放っている若き大砲の状態が心配される。